生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

所定の時期に保障内容を変更できるケース

契約後、期間の経過により、保障ニーズが変化する場合があります。そのようなときには、保障内容を変更できるか確認してみましょう。
生命保険会社によっては、保険料の払込満了時など所定の時期に、契約している保障内容を所定の範囲内で変更できる取り扱いがあります。
変更ができる保険種類は終身保険や個人年金保険などで、次のような取り扱いになっています。
なお、変更した場合、その時点における被保険者の年齢、計算基礎率(予定利率、予定死亡率等)に基づいて変更後の年金額などを計算します。

1. 終身保険の場合

終身保険の場合、保険料払込が満了すると、そのまま死亡保障を継続するほか、一生涯の死亡保障に代えて老後の年金や介護保障などに保障内容を移行できる場合があります。
また、「死亡保障」と「年金」など複数の組み合わせができる場合もあります。

2. 個人年金保険の場合

個人年金保険の場合、年金の受取開始前に、契約当初に定めた年金種類を別の年金種類に変更することができる場合があります。保証期間付終身年金、確定年金、保証期間付有期年金、夫婦年金、介護保障がついた年金(要介護状態になった場合に割増の介護年金を受け取れるタイプ)など生命保険会社の取り扱い範囲の中から選択して変更することになります。
複数の年金種類を組み合わせて変更できる場合もあります。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ