ポイント1
公的年金や退職金の受取り額など、様々なデータを参考に読み進め、セカンドライフの収支の差額(不足額)を「自助努力目標額」として予測します。
定年後の自助努力による目標額を考えましょう