生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 生命保険に関するQ&A > Q.海外へ転勤すると、生命保険の契約はどうなるの?

生命保険に関するQ&A

Q.海外へ転勤すると、生命保険の契約はどうなるの?

A

海外に転勤しても保険料を払い込むことによって、生命保険を有効に継続することができます。
海外で死亡した場合のほか、一般的には病気やケガで入院したような場合についても、保険金や給付金を請求することができます。

海外渡航の手続き

「海外渡航届け」の提出

  • 生命保険会社に連絡して所定の用紙を提出しましょう。

保険料の払込方法を選択

  • 国内の代理人からの払い込み
  • 本人の国内にある金融機関の口座や勤務先の国内の給与からの引き去り
  • 前納や一括払による払い込み   など

渡航中の保険金・給付金の主な請求方法

  • 国内の代理人経由で請求
  • 日本に帰国して請求
  • 海外からの直接請求

生命保険会社によっては、請求方法が異なることがあります。
なお、生命保険会社は一般的に、保険金などを海外に送金する取り扱いを行っていません。

国内の代理人とは、保険料を払い込むことなどを契約者から委任された人です。
渡航前に生命保険会社に委任状を提出することによって、代理人の手続きをします。

多くの生命保険会社では「海外渡航のてびき」等を作成していますので、海外渡航の際には、この「海外渡航のてびき」等で各種取扱いなどを確認しておきましょう。


「生命保険に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ