生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 医療保障に関するQ&A > Q.入院していても、入院給付金などを請求できるの?

医療保障に関するQ&A

Q.入院していても、入院給付金などを請求できるの?

A

入院給付金は、入院途中でもいったんそこまでの入院期間に相当する入院給付金を請求することができます。この場合は、退院後に残りの入院給付金を請求することになります。ただし、その都度必要書類の提出が必要になり、診断書も通常有料(5,000円程度)になるため、まとめて請求した方が少ない費用で済むという面もあります。
入院途中に請求した場合、その後の入院期間分の入院給付金などについて請求もれが生じないよう留意しましょう。

なお、すべての入院で診断書が必要となると、入院期間が短ければ、受け取る入院給付金に対して診断書代が割高です。そのため、所定の条件をすべて満たす場合には診断書の添付を不要としている生命保険会社が多くなっています。

(例)
  • 入院日数が30日以下や、給付金額が10万円以下などであること
  • 契約後2年以上経過していること(2年未満は条件付で可能な場合もある)
  • 手術給付金を受け取る手術を受けていないこと
  • 入院日から退院日までの記載のある医療費領収証やそのコピーを添付すること  など

※上記の条件は生命保険会社によって異なるので、確認しましょう

関連項目

「医療保障に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ