生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 医療保障に関するQ&A > Q.医療保険を選ぶときのポイントは?

医療保障に関するQ&A

Q.医療保険を選ぶときのポイントは?

A

医療保険を選ぶ際は、保険期間や保険料払込期間、何日目から入院給付金が給付されるかなど、保険のタイプをよく検討して選ぶことが重要です。ポイントとして整理すると、次のようになります。

医療保険を選ぶポイント

ポイント1:保険期間と保険料払込期間を決める。

保障が続く期間を保険期間といいます。保険期間には、

  • 10年、20年などの年数で決まる「年満了(更新)タイプ」
  • 70歳、80歳までなど年齢で決まる「歳満了タイプ」
  • 一生涯保障が続く「終身タイプ」

があります。

保険期間のタイプ

  定期型 終身型
年満了(更新)タイプ 歳満了タイプ 終身タイプ
保険料 更新ごとに高くなる 払込満了まで一定 保険料は一定(有期払・終身払がある)
保険期間 生命保険会社の定める年齢まで更新できる。
80〜90歳まで更新できるのが一般的。
契約当初に定めた年齢。
60〜80歳までが多いが90歳、100歳満了タイプの会社もある。
一生涯

◆更新タイプの保険料は更新時に再計算されます。年齢が上がることなどによって、通常、更新ごとに保険料が高くなりますが、契約当初の保険料負担は抑えられます。歳満了タイプ、終身タイプの保険料は一定です。

※保険料の払い込みがいつまで続くのか、払込期間もポイントです。終身タイプの場合、保険料払込期間は「有期払」、「終身払」があります。「有期払」は何歳まで払い込むかを決めます。「終身払」は、保険料の払い込みが一生涯続きますが、月々の負担は「有期払」に比べて軽くなります。

ポイント2:入院何日目から支払われるかを選ぶ。

医療保険による給付のひとつに「入院給付金」があります。
  入院給付金が受け取れる対象として、「日帰り入院」、「1泊2日入院」、
  「5日以上の入院」(4日間は対象外)などのタイプがあります。

ポイント3:1入院あたりの支払限度日数と保険期間を通じての通算限度日数を決める。

入院給付金には、1入院での限度日数や複数回入院での通算限度日数があり、その範囲内で入院給付金を 受け取れます。

  • 1入院の限度日数は、
    30日、60日、120日、180日、360日、730日、1,000日、1,095日などがあります。
  • 通算限度日数は、
    700日、730日、1000日、1095日などがあります。

ポイント4:さらに以下の内容についても検討する。

  • 特定の場合の保障を厚くするかどうか?
    成人病(生活習慣病)入院特約、女性疾病入院特約、がん入院特約、先進医療特約などの特約を付加することができる場合があります。
    ※主契約の給付内容に組み込まれている場合や、特約があらかじめセットされている場合もあります。
  • 「手術の給付タイプ」を決める。
    手術給付の対象となる手術は、主に次の3つのタイプに分類されます。

(1)88種類の所定の手術を対象とするタイプの例
手術の種類に応じて入院給付金に日額の10倍、20倍、40倍の給付金が受け取れる。
手術ごとの給付倍率は約款に定められています。入院を伴わない手術も倍率は同じ。

(2)公的医療保険対象の手術に給付を広げているタイプの例
公的医療保険の対象となる手術(一部を除く)で、入院を伴う場合は入院給付金日額の20倍、入院を伴わない場合は5倍の給付金が受け取れる。

(3)上記の2つの給付範囲を併用するタイプ
88種類の所定の手術に該当する場合は、その給付倍率に応じた給付金が受け取れる。該当しない場合は、入院を伴う公的医療保障対象の手術(一部を除く)であれば、給付倍率5倍の給付金が受け取れる。

  • 解約返戻金の有無(無しの場合、保険料が安くなります)を決める。
  • 死亡保険金の有無(無しの場合、保険料が安くなります)を決める。

関連項目

「医療保障に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ