生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 医療保障に関するQ&A > Q.「成人病入院特約」と「がん入院特約」の保障内容は?

医療保障に関するQ&A

Q.「成人病入院特約」と「がん入院特約」の保障内容は?

A

「成人病入院特約(生活習慣病入院特約)」、「がん入院特約」とも取り扱っている生命保険会社によって保障内容は若干異なる場合がありますが、主な保障内容は次のとおりです。


成人病入院特約 (生活習慣病入院特約)

「がん」、「心疾患」、「脳血管疾患」、「高血圧」、「糖尿病」など所定の成人病で入院したとき、入院給付金を受け取れます。
一般的には疾病入院特約や総合医療特約などと一緒に付加します(手術給付金が受け取れるものもあります)。


がん入院特約

「がん」で入院したとき、入院給付金を受け取れます。一般的には疾病入院特約や総合医療特約などと一緒に付加します(手術給付金が受け取れるものもあります)。
※「がん特約」として、入院給付金のほか、手術給付金、がん診断給付金などが受け取れる特約を取り扱っている生命保険会社もあります。

疾病入院給付金や成人病入院給付金には、1入院や通算入院など支払日数に限度がありますが、がん入院給付金は無制限のものがほとんどです(限度日数があるタイプもあります)。 ※疾病入院給付金や成人病入院給付金でも支払事由が「がん」の場合、一部の商品では支払日数が無制限となるものがあります。

単体のがん保険には「90日等の待期間」がありますが、がん保険と同様にがん入院特約でも「90日等の待期間」を設けている生命保険会社があります。 ※待期間とは、契約してから保障が始まるまでの保障されない期間です。


複数の特約を同時に付加している場合の給付

複数の特約を同時に付加している場合、それぞれの給付に該当した場合は、それぞれの特約から給付金を受け取れます。

<例>終身保険などの主契約に次の特約を付加

疾病入院特約 成人病(生活習慣病)入院特約 がん入院特約
(日額 5,000円) (日額 5,000円) (日額 5,000円)

⇒ 心疾患、脳血管疾患、高血圧、糖尿病で入院した場合は、「疾病入院給付金」「成人病入院給付金」が受け取れますので、合計で日額10,000円を受け取ることができます。

⇒ がんで入院した場合は、「疾病入院給付金」「成人病入院給付金」「がん入院給付金」が受け取れますので、合計で日額15,000円を受け取ることができます。


「医療保障に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ