生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 介護保障に関するQ&A > Q.保障期間が終わった後に要介護状態と認定されると、一時金や年金は受け取れないの?

介護保障に関するQ&A

Q.保障期間が終わった後に要介護状態と認定されると、一時金や年金は受け取れないの?

A

保障期間が「有期」タイプの場合、保障期間満了後に所定の要介護状態になっても一時金や年金を受け取ることができません。ただし、保障期間内に所定の要介護状態になり、保障期間満了後にその状態が一定期間継続したと診断確定された場合は、一般的には一時金や年金を受け取ることができます。

この取り扱いについては、生命保険会社によって異なる場合がありますので、個別に確認することが必要です。

「介護保障に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ