生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 年金に関するQ&A > Q.「確定拠出年金」(日本版401k)とは?

年金に関するQ&A

Q.「確定拠出年金」(日本版401k)とは?

A

「確定拠出年金」とは、掛金を定めて積み立てていき、その運用結果により将来受け取る年金給付額が定まる仕組みの年金です。この年金に加入できるのは60歳未満の会社員や自営業者に限られ、専業主婦など第3号被保険者や公務員は加入対象外になります。

確定拠出年金には「企業型年金」と「個人型年金」があり、特徴は次の通りです。

  • 勤務先でこの制度を導入している場合、掛金を企業が負担する「企業型年金」に加入することになります。企業年金およびこの企業型年金をともに導入していない場合や自営業者は、加入者個人が掛金を負担する「個人型年金」に加入することができます。
  • 掛金には限度がありますが、勤務先の年金制度の導入状況や国民年金基金への加入の有無に応じて異なります。
  • 拠出した掛金は「企業型年金」の場合、企業では全額損金算入となり、従業員側では課税の対象になりません。「個人型年金」の場合は、全額が所得控除の対象になります。
  • 老齢給付金を年金で受け取る場合は、雑所得として課税されますが、公的年金等控除の対象になります。一時金で受け取る場合は退職所得として扱われ、退職所得控除の対象になります。
  • あらかじめ準備された複数の運用手段の中から、加入者自身が自己責任のもと運用の指図を行うことになります。必要に応じて運用指図を変更することもできます。
  • 個人ごとに年金資産が管理されるため、転職時に自分の年金資産を転職先などに移管できる機能(ポータビリティ)を持っています。転職先が企業型年金を導入していない場合や自営業者になる場合は、個人型年金の実施主体である国民年金基金連合会に移管することになります。
    なお、原則として中途解約はできず、60歳になるまで引き出すこともできません。

「年金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ