生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 税金に関するQ&A > Q.契約者や受取人を途中で変更した場合の税金は?

税金に関するQ&A

Q.契約者や受取人を途中で変更した場合の税金は?

A

契約者や受取人を変更することによって、適用される税金が変わります。契約者および受取人を変更した時点で課税されることはありませんが、保険金などを受け取るときの課税関係は、次の例のように変わります。

契約者変更の例

契約者 被保険者 受取人
死亡保険金 満期保険金
 
契約者 被保険者 受取人
死亡保険金 満期保険金

変更

 

●変更前の課税関係
死亡保険金に
かかる税金
満期保険金に
かかる税金
所得税(一時所得)・
住民税
贈与税
 
●変更後の課税関係(変更前と変更後に分けて課税されます)
  死亡保険金にかかる税金 満期保険金にかかる税金
前契約者(妻)の負担した保険料に相当する部分 所得税(一時所得)・住民税 贈与税
新契約者(夫)の負担した保険料に相当する部分 相続税 所得税(一時所得)・住民税

変更

 
 

なお、契約者死亡に伴う契約者変更の場合は、契約者が死亡した時点で、「生命保険契約に関する権利の評価額」が相続税の課税対象になります。

関連項目

「税金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ