生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 税金に関するQ&A > Q.満期保険金に所得税がかかる場合の計算方法は?

税金に関するQ&A

Q.満期保険金に所得税がかかる場合の計算方法は?

A

契約者と満期保険金受取人が同一人の場合、受け取る満期保険金は一時所得として「所得税・住民税」の課税対象となります。

なお、契約者と満期保険金受取人が同一人でも「金融類似商品」に該当する場合は一時所得ではなく、源泉分離課税となります。

一時所得の計算

課税一時所得の金額=(満期保険金+配当金−払込保険料総額−特別控除50万円)×1/2

一時所得は、他の所得とあわせて総合課税されます。上記で計算した「課税一時所得の金額」と他の所得(給与所得や事業所得など)を合算して確定申告で所得税の税額を算出することになります。住民税の手続きは特に行う必要はありません。

なお、平成25年1月1日〜平成49年12月31日までの間、所得税がかかる場合は、あわせて復興特別所得税(所得税額×2.1%)がかかります。

関連項目

「税金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ