生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜

熊本地震により被災された皆様へ

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 家計・資産形成 > NISA(少額投資非課税制度)について知りたい

NISA(少額投資非課税制度)について知りたい

毎年120万円の資産投資までは運用益や配当金が非課税

NISA(少額投資非課税制度)は2014年1月に導入された制度です。20歳以上であればだれでもNISA口座を利用でき、2023年までは上場株式や投資信託などに対して投資金額が毎年120万円、最長5年間は分配金や配当金、譲渡益が非課税となります。
なお、2016年1月からはジュニアNISAが、2018年1月からはつみたてNISAがそれぞれがスタートしました。つみたてNISAと一般のNISAは同じ年に両方を利用することはできませんので、どちらか一方を選択することになります。

NISA(少額投資非課税制度)の概要

※横にスクロールできます。

資格者は? 日本国内に居住しNISA口座を開設する年の1月1日時点で20歳以上の人
非課税となる対象は? 上場株式や投資信託の配当所得(分配金、配当金)や譲渡所得
非課税投資枠は? 毎年120万円まで(最高累計600万円まで)。未使用分があっても翌年への繰越はできない
*2015(平成27)年分までは毎年100万円、最高累計500万円まで
非課税となる期間は? 最長5年間
途中で売却できる? いつでも売却できるが、売却後、非課税枠の再利用はできない
利用方法は? 金融機関にNISA口座を開設し、この口座により株式や投資信託を売買する
非課税期間終了後は、①売却する ②特定口座や一般口座に移管する ③120万円を上限に翌年の新しい非課税投資枠に移管する のいずれかの方法がとられる
開設口座の条件は? 1人につき1口座に限定。ただし、金融機関は毎年変更できる
つみたてNISAとは? 日本に居住する20歳以上の人が対象。毎年40万円まで、最長20年間が非課税投資枠で、累積投資する一定の投資信託に限定されている
ジュニアNISAとは? 日本国内に居住しNISA口座を開設する年の1月1日時点で0〜19歳までの人が対象。毎年80万円まで、最長5年間が非課税投資枠。18歳までは払出しの制限あり

NISA(少額投資非課税制度)のメリット・デメリット

【メリット】

  • 少額から投資を始めやすい。
  • 配当所得や譲渡所得が5年間非課税。
  • 最高で600万円まで投資できる。
  • 非課税期間終了後は、新たな非課税投資枠へ移管できる。

【デメリット】

  • 一旦売却すると、残りの非課税枠は再利用できない。
  • 特定口座・一般口座からNISAには上場株式や投資信託を移動できない。
  • 株式の受け取り方法は株式数比例配分方式に限定される。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ