生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

個人型確定拠出年金について知りたい

対象が公務員、会社員や専業主婦(夫)にも拡大

確定拠出年金は、法律により実施されている公的年金にプラスして年金額を給付する仕組みで、掛金とその運用収益によって給付年金額が決まります。掛金を企業が拠出する「企業型」と、個人が拠出する「個人型」がありますが、給付額が固定されている確定給付年金と比較して、運用により変動しやすいのが特徴です。

個人型確定拠出年金は、従来、自営業を営む第1号被保険者の年金を増やすことが趣旨でしたが、平成29年1月に改正が行われ、その対象者が会社員、公務員、私学職員、専業主婦(夫)にまで拡大しました。商品の種類が豊富で、税制上も優遇されるため、老後の資産運用に検討する人が増えています。


個人型確定拠出年金の概要

実施主体は? 国民年金基金連合会
加入できる人は?
  • 自営業者(農業者年金の被保険者と国民年金保険料の免除を受けている人を除く)
  • 会社員(企業型確定拠出年金を実施する企業に勤めている場合は、規約により個人型年金への加入が認められている人に限る)
  • 公務員、私学職員
  • 専業主婦(夫)
誰が掛金を拠出するの? 加入者個人
拠出限度額は? 掛け金は以下の限度額の範囲内で5,000円以上、1,000円単位で任意に設定できる
  • 自営業者 68,000円(月額)*国民年金基金の限度額と枠を共有
  • 会社員・公務員・私学職員 勤務先が確定給付年金を実施している場合は12,000(月額)、企業型年金のみを実施している場合は20,000円(月額)、企業型年金や確定給付型年金を字視していない場合は23,000円(月額)、公務員・私学職員は12,000円(月額)
  • 専業主婦(夫)23,000円(月額)
どうやって運用するの? 金融機関が持つ運用商品(預貯金、投資信託、保険商品等)の中から加入者が選択し、運用方法を決める
給付の種類は? 老齢給付金 原則、年金として受給。有期年金で受給する場合、期間は5年以上20年以内。60歳から受給できるが、加入者等期間が10年に満たない場合は、給付開始年齢が段階的に引き上げられる。
障害給付金 70歳より前に傷病によって一定以上の障害状態となった加入者・運用指図者が傷病になっている一定期間(1年6カ月)を経過してから請求により受給できる。原則、年金として受給。有期年金で受給する場合、期間は5年以上20年以内。
死亡一時金 加入者が死亡したときに、遺族が一時金として受け取る。また、年金受給中に死亡した場合も、遺族が残額を受け取ることができる。
脱退一時金 原則的に中途解約はできないが、以下のすべての要件を満たした場合は一時金を給付
①国民年金保険料の納付を免除されていること
②確定拠出年金の障害給付金の受給権者ではないこと
③通算拠出期間が3年以下、または個人別管理資産が25万円以下であること
④最後に企業型年金または個人型年金の資格を喪失した日から2年以内であること
⑤企業型年金の加入者資格喪失時に脱退一時金を受給していないこと
税制上の優遇措置は?
  • 掛金は全額控除の対象
  • 運用益は非課税
  • 受取金は控除の対象(年金は公的年金等控除、一時金は退職所得控除が適用される)
手数料は?
  • 加入者は初回の掛金から2,777円、毎月の掛金から103円を負担する。
  • 掛け金の拠出を停止し、運用の指図のみをする運用指図者は移換された資産から2,777円が手数料として控除される。

注:老齢給付金や障害給付金の受給方法について、運営管理機関が他の受給方法を用意している場合は、その方法を選択することができる。(例:一時金として一括受給。年金として5年受給したのち、一括して受給する方法など)


個人型確定拠出年金のメリットとデメリット

【メリット】

  • 加入者自身が運用の方法を決めることができる。
  • 運用によっては年金額を増やすことができる。
  • 運用資産残高を把握しやすい。
  • 転職時には積み立てた資産を転職先の企業年金に移管することができる。
  • 将来の掛金負担を予測しやすい。
  • 拠出限度額の範囲で掛金が税控除され、運用益や受取金も税制上優遇されている。

【デメリット】

  • 投資リスクを加入者自身が負わなければならない。
  • 年金額が事前に確定しない。
  • 運用によっては年金額が減ってしまうこともある。
  • 原則的に60歳までは引き出しができない。
  • 解約返戻金のような制度はない。
  • 加入者が自分で記録の管理を行う必要がある。

愛称

iDeCo

「i」=individual-type(個人型)
「De」=defined
「Co」=contribution pension
(defined contribution pensionで確定年金)

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ