生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

どんな目的で金融資産を保有している?

トップは「老後の生活資金」

金融広報中央委員会が実施した調査によると、金融資産の保有目的を3つまでの複数回答で質問した結果、単身世帯・2人以上の世帯ともに「老後の生活資金」が最も多く、次いで「病気や不時の災害への備え」となっています。

2人以上世帯を年代別にみると、20〜30歳代では「こどもの教育資金」と「病気や不時の災害への備え」が、40歳代では「こどもの教育資金」と「老後の生活資金」が、50〜70歳以上の層では「老後の生活資金」と「病気や不時の災害への備え」が多くなっています。

金融資産の保有目的(金融資産保有世帯)(3つまで複数回答)

(単位:%)
 

































































































単身世帯 44.1 1.6 0.3 7.0 49.9 8.6 18.8 1.9 2.2 29.4 7.6 0.0
2人以上世帯 63.7 28.8 5.8 12.5 70.5 13.8 12.7 5.2 6.7 22.2 4.3 0.4
世帯主の年齢別 20歳代 41.5 65.9 7.3 31.7 24.4 14.6 19.5 4.9 0.0 26.8 2.4 0.0
30歳代 53.6 68.7 4.2 24.2 35.1 18.9 20.0 4.5 1.5 20.4 4.9 0.0
40歳代 51.8 70.6 5.0 11.2 56.0 18.1 11.7 3.4 2.3 19.7 4.1 0.7
50歳代 62.0 28.9 11.6 13.5 77.1 13.9 9.4 4.6 5.4 19.7 3.2 0.0
60歳代 70.6 3.5 5.6 9.2 85.3 13.2 15.5 5.6 11.1 22.1 4.1 0.7
70歳以上 73.6 2.2 1.6 9.4 79.9 8.9 9.6 6.5 9.0 27.3 5.4 0.2

<金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」/平成28年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ