生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

金融商品のリスクを知りたい

金融商品のリスクとは

金融商品には必ずリスクとリターン(収益)があります。金融商品の「リスク」とは、投資した結果、収益がプラスになるのかマイナスになるのか、その変動の幅の可能性をいいます。一般的にリスクが高いとリターンも高く、リスクが低いとリターンも低くなります。金融商品を選択する際には、商品の特性、特にリスクについてよく理解しておくことが必要です。

主なリスクの種類

リスクの種類 内容
価格変動リスク 社会や経済の状況や企業の業績によって金融商品の価格が変動する可能性がある。
為替リスク 外貨建ての金融商品(外国株式・海外債券など)を売却して円に換える場合、為替相場の変動によって、金融商品の価値が変動することがある。
流動性リスク 売却相手の事情により、必要なときに換金できない可能性がある。また、市場の混乱により取引ができなかったり、通常よりも不利な価格で取引を行わなければならない可能性もある。
信用リスク 金融商品を提供している金融機関や債券を発行している企業の倒産などによって、元本や予定していた収益が戻ってこない可能性がある。
カントリーリスク 海外に投資する際に、その国の社会や経済の不安定化により、投資を回収できなかったり、金融商品の価格が変動したりする可能性がある。
インフレリスク インフレ(物価上昇)によりお金の価値が下落し、金融商品の価値も下がる可能性がある。

リスクを最小限にとどめるポイント

  • 商品の性格をよく理解し、運用の目的にあった商品を選択する。
  • 社会の状況や自分の経済的な状況に応じて見直しを行う。
  • 変動相場情報や関連ニュースなどの情報収集に積極的に取り込む。
  • 長期的にアドバイスを受けることができる専門家をもつ。
  • 約款上の、特にリスクに関する部分(権利を行使できる期間、解約期間の制限など)についてしっかり把握する。
  • リスクの種類の異なる商品を選択し、リスクの高い商品については分散して投資する。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ