生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

非正規雇用者はどれくらい増えている?

非正規雇用者は1995年に比べて約2倍

1995年に1,001万人だった非正規雇用者人口は、2015年には1,980万人と979万人増え、2倍ほどになっています。そのうち1995年に563万人だったパートは2015年には398万人増えて961万人になっています。

非正規雇用者数の推移


パート、1995年、563万人。1996年、594万人。1997年、638万人。1998年、657万人。1999年、686万人。2000年、719万人。2001年、769万人。2002年、718万人。2003年、748万人。2004年、763万人。2005年、780万人。2006年、793万人。2007年、824万人。2008年、824万人。2009年、817万人。2010年、852万人。2011年、874万人。2012年、888万人。2013年、928万人。2014年、943万人。2015年、961万人。
アルバイト、1995年、262万人。1996年、276万人。1997年、307万人。1998年、329万人。1999年、338万人。2000年、359万人。2001年、382万人。2002年、336万人。2003年、342万人。2004年、333万人。2005年、340万人。2006年、333万人。2007年、342万人。2008年、331万人。2009年、339万人。2010年、344万人。2011年、355万人。2012年、353万人。2013年、392万人。2014年、404万人。2015年、405万人。
契約社員・嘱託・その他、1995年、176万人。1996年、173万人。1997年、207万人。1998年、187万人。1999年、201万人。2000年、161万人。2001年、163万人。2002年、355万人。2003年、365万人。2004年、383万人。2005年、408万人。2006年、425万人。2007年、436万人。2008年、470万人。2009年、463万人。2010年、471万人。2011年、487万人。2012年、482万人。2013年、470万人。2014年、497万人。2015年、487万人。
派遣社員、2000年、33万人。2001年、45万人。2002年、43万人。2003年、50万人。2004年、85万人。2005年、106万人。2006年、128万人。2007年、133万人。2008年、140万人。2009年、108万人。2010年、96万人。2011年、96万人。2012年、90万人。2013年、116万人。2014年、119万人。2015年、126万人。

注:

2001年以前は2月現在の雇用者数、2002年以降は1〜12月の平均値。

2001年以前は「嘱託・その他」、2002年以降は「契約社員・嘱託・その他」。

2011年は補完推計値を用いた参考値。

2005〜2010年は時系列接続用数値のため各年の報告書の数値とは異なる。

<総務省「労働力調査平均速報」/2015年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ