生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 仕事(就労) > 失業したら雇用保険はどのようにして受け取る?

失業したら雇用保険はどのようにして受け取る?

失業したらハローワークに自分で申請

失業給付の受給は、自分で申請を行う必要があります。「雇用保険被保険者離職票、雇用保険被保険者証、住所及び年齢を確認できる官公署発行の書類、写真(たて3cm×よこ2.5cmの正面上半身のもの1枚)、印鑑、本人名義の普通預金通帳等」を持参の上、居住地を管轄するハローワークで手続きしてください。

手続きの流れ

  1. 離職

  2. 受給資格の決定
    居住地を管轄するハローワークに行き、「求職の申込み」を行ったのち、「離職票」を提出します。ハローワークでは、受給要件を満たしていることを確認した上で、受給資格の決定を行います。このときに離職理由についても判定します(離職理由によって、失業給付を受給できる日数などが異なります)。

  3. 雇用保険受給者初回説明会
    雇用保険の受給について重要な事項の説明が行われます。

  4. 失業の認定
    原則として、4週間に1度、失業の認定(失業状態にあることの確認)が行われます。

  5. 受給
    失業の認定を行った日から通常5営業日で、指定した金融機関の預金口座に基本手当が振り込まれます。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ