生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 相続 > 相続の順位と相続分について知りたい

相続の順位と相続分について知りたい

死亡した人の財産を継承する相続人

「相続」とは、死亡した人(被相続人)の財産上の権利および義務を特定の人(相続人)が継承することをいい、「相続税」とは、相続によって財産を取得した場合、その財産に対して課税される税金をいいます。また「法定相続分」とは、法定相続人の相続順位により、民法で定められた相続割合をいいます。

相続の順位と相続分

  法定相続人 法定相続分
第1順位 配偶者と
子(孫)
1/2
1/2
第2順位 配偶者と
父母(祖父母)
2/3
1/3
第3順位 配偶者と
兄弟姉妹
3/4
1/4

子供、両親、兄弟姉妹の相続分は、人数により均等分配となります。

  1. 配偶者は常に相続人になります。
  2. 子供のある場合、配偶者と子供が相続人になります。
  3. 子供や孫がいない場合、配偶者と父母が相続人となります。
  4. 子供、孫、父母、祖父母のいずれもいない場合、配偶者と兄弟姉妹が相続人になります。
子供や兄弟姉妹が既に死亡している場合、その子供(すなわち孫や甥・姪)が本人に代わって相続(代襲相続)するため、該当代襲相続人が法定相続人となります。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ