生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活基盤の安定を図る生活設計 > 相続 > 相続税の申告と納税の期限はいつまで?

相続税の申告と納税の期限はいつまで?

申告・納税は10ヵ月以内に

相続をすることは日常的にあるわけではありませんが、その状況になった場合、調べる余裕もないため、あらかじめ知っておくと便利です。「申告」も「納税」も、相続のあったことを知った日の翌日から10ヵ月以内に期限が定められています。

相続税が発生した場合の申告と納税の期限

  申告 納税
期限 相続のあったことを知った日の翌日から10ヵ月以内 相続のあったことを知った日の翌日から10ヵ月以内
提出場所 死亡した人の住所地を所轄する税務署 税務署/金融機関/郵便局窓口
その他 申告期限を過ぎた場合や申告額を少なく申請した場合、「加算税」がかかる


<参考>

  • 7日以内に死亡届を提出
  • 4ヵ月以内に1月1日から死亡した日までの所得を申告
  • 相続の放棄、限定承認をする場合は3ヵ月以内に家庭裁判所に申述

納税期間を過ぎた場合、「延滞税」がかかる


<延納・物納>

【延納】何年かに分けて納める
【物納】受け取った財産そのものを納める

※【延納】【物納】は、相続のあったことを知った日の翌日から10ヵ月以内に申請書を提出して、許可を受ける必要がある

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ