生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

少子化が進んでいるのはなぜ?

晩婚化、晩産化の進行も要因

厚生労働省の「人口動態統計(確定数)」(2015年)によると、2015年は1980年と比較して夫は3.3歳、妻は4.2歳、平均初婚年齢が上昇し晩婚化が進行しています。

それに伴い、子どもを出生したときの母親の平均年齢も高くなるという晩産化の傾向があらわれています。
1980年と比較すると、2014年は第1子で4.3歳、第2子で3.8歳、第3子で2.9歳高くなっています。高年齢になると、出産を控える傾向にあることから、晩婚化や晩産化は少子化の原因となっています。

平均初婚年齢と母親の平均出生時年齢の年次推移

平均初婚年齢と母親の平均出生時年齢の年次推移。
第3子出生時の母の平均年齢。1980年、30.6歳。1985年、31.4歳。1990年、31.8歳。1995年、32.0歳。2000年、32.3歳。2005年、32.6歳。2010年、33.2歳。2011年、33.2歳。2012年、33.3歳。2013年、33.4歳。2014年、33.4歳。2015年、33.5歳。
第2子出生時の母の平均年齢。1980年、28.7歳。1985年、29.1歳。1990年、29.5歳。1995年、29.8歳。2000年、30.4歳。2005年、31.0歳。2010年、31.8歳。2011年、32.0歳。2012年、32.1歳。2013年、32.3歳。2014年、32.4歳。2015年、32.5歳。
第1子出生時の母の平均年齢。1980年、26.4歳。1985年、26.7歳。1990年、27.0歳。1995年、27.5歳。2000年、28.0歳。2005年、29.1歳。2010年、29.9歳。2011年、30.1歳。2012年、30.3歳。2013年、30.4歳。2014年、30.6歳。2015年、30.7歳。
平均初婚年齢(夫)。1980年、27.8歳。1985年、28.2歳。1990年、28.4歳。1995年、28.5歳。2000年、28.8歳。2005年、29.8歳。2010年、30.5歳。2011年、30.7歳。2012年、30.8歳。2013年、30.9歳。2014年、31.1歳。2015年、31.1歳。
平均初婚年齢(妻)。1980年、25.2歳。1985年、25.5歳。1990年、25.9歳。1995年、26.3歳。2000年、27.0歳。2005年、28.0歳。2010年、28.8歳。2011年、29.0歳。2012年、29.2歳。2013年、29.3歳。2014年、29.4歳。2015年、29.4歳。

<厚生労働省「人口動態統計(確定数)」/2015年>

結婚しない人も増えている

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ