生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

女性は一生で何人の子どもを産む?

平成29(2017)年の合計特殊出生率は1.43

日本の出生数は第2次ベビーブーム(昭和46年〜49年)の昭和48(1973)年に年間約209万人を記録して以降、減少傾向が続き、平成29年は約95万人と昭和48年当時の半数以下に減少し、最も少ない年となりました。

1人の女性が一生のあいだに産む子どもの数(合計特殊出生率*)も昭和48年の2.14から減少を示し、平成17(2005)年には1.26と最低を記録しました。その後は上昇傾向が続いていましたが、平成28・29年はそれぞれ前年より0.01ポイント下回り、平成29年の合計特殊出生率は1.43となっています。

*合計特殊出生率とは、その年次の15-49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの。

出生数及び合計特殊出生率の推移

第一次ベビーブーム(昭和22?・24年)、最高の出生数2,696,638人、出生率4.32%、昭和41年、ひのえうま、出生数1,360,974人、出生率1.58%、第2次ベビーブーム(昭和45?・49年)、出生数2,091,983人、出生率2.14%、1.57ショック(平成元年)ひのえうまの1.58を下回る、出生率1.57%、平成17年、最低の合計特殊出生率、出生率1.26%、最低の出生数(平成29年)、出生数946,065人、出生率1.43%

<厚生労働省「人口動態統計(確定数)」/2017年>

結婚から5年以上経過した夫婦で子どもの数が減少

結婚持続期間別に平均出生子ども数をみると、5年以上の夫婦ではすべての期間で減少がみられました。5年未満の夫婦では前回よりやや増加しました。

結婚持続期間別にみた、平均出生子ども数

※横にスクロールできます。

(単位:人)
結婚持続期間 第9回調査
(1987年)
第10回調査
(1992年)
第11回調査
(1997年)
第12回調査
(2002年)
第13回調査
(2005年)
第14回調査
(2010年)
第15回調査
(2015年)
0〜4年 0.93 0.80 0.71 0.75 0.80 0.71 0.78
5〜9年 1.97 1.84 1.75 1.71 1.63 1.60 1.59
10〜14年 2.16 2.19 2.10 2.04 1.98 1.88 1.84
15〜19年 2.19 2.21 2.21 2.23 2.09 1.96 1.94
20年以上 2.30 2.21 2.24 2.32 2.30 2.22 -

注:対象は初婚どうしの夫婦(出生子ども数不詳を除く)。

<国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」/2015年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ