生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜

熊本地震により被災された皆様へ

住宅の平均購入価格はいくらくらい?

土地付注文住宅は3,900万円台、建売住宅は3,300万円台、マンションは4,200万円台

住宅の購入は人生で「最も高い買い物」と言われています。戸建て住宅か、共同住宅かによって、また購入する地域や広さによっても、価格は大きく違ってくるため一概には言えませんが、住宅金融支援機構が実施している「フラット35利用者調査(2016年度)」によると、物件別の平均購入価格(いずれも新築)は、土地付注文住宅、建売住宅、マンションのいずれも前年度よりも少し上がり、土地付注文住宅が3,954.7万円、建売住宅が3,337.8万円、マンションが4,266.7万円となっています。

住宅の購入価格(「フラット35」利用者)

※横にスクロールできます。

(単位:万円)
  土地付注文住宅 建売住宅 マンション
全国 3,954.7 (1.5) 3,337.8 (0.6) 4,266.7 (0.4)
首都圏 4,652.1 (0.7) 3,646.4 (2.2) 4,754.2 (-1.5)
近畿圏 4,077.4 (1.2) 3,270.4 (-0.7) 3,866.6 (1.5)
東海圏 4,122.0 (1.8) 2,955.5 (-1.5) 3,620.9 (5.8)
その他地域 3,551.6 (2.1) 2,699.7 (-2.3) 3,308.3 (4.0)

注:
1. (      )内は前年度比伸び率。
2. 土地付注文住宅の購入価格は、建設費と土地取得費を合わせた金額。

<住宅金融支援機構「フラット35利用者調査2016年度」>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ