生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 病気・ケガ > 病気やケガに備える生命保険はどんな内容?

病気やケガに備える生命保険はどんな内容?

主契約にするか、特約にするか

病気やケガ備える生命保険には、医療保障を主契約とした医療保険やガン保険などに加入する方法と、死亡保障や年金の保障に特約を付加する方法があります。以下に、代表的なものを挙げていますが、詳しい内容については、当ホームページ内の「生命保険の基礎知識」をご覧ください。(種類名は、該当ページにリンクしています)

1. 主契約で準備する

保険種類 給付内容
(1) 医療保険 病気やケガで入院したり、所定の手術を受けたりした場合に給付金が受け取れる保険です。医療保障を主な目的としているため、死亡時の死亡保険金はないか、あっても少額です。
(2) ガン保険 保障対象となる疾病をガンに特定した医療保険で、ガンにより入院したり、所定の手術を受けたとき、また死亡したときなどに保障が受けられます。
(3) 特定疾病保障保険 ガン、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態になったとき、死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れます。

2. 特約で準備する

  主な特約の種類
(1) 不慮の事故、病気に備える
  • 疾病入院特約
  • 災害入院特約
  • 長期入院特約
  • 通院特約

(2) 特定の病気や損傷に備える
  • 成人病(生活習慣病)入院特約
  • 女性疾病入院特約
  • 特定疾病(三大疾病)保障特約
  • ガン入院特約
  • 特定損傷特約


このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ