生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜
地震・台風・大雨等の災害により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

被災された皆様へ

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 老後 >老齢年金生活者支援給付金について知りたい

老齢年金生活者支援給付金について知りたい

所得が少ない年金生活者へ、年金に上乗せされる新たな給付金

消費税率10%への引上げに合わせて、所得基準を下回る公的年金の受給者へ2019年10月から支給されるのが「年金生活者支援給付金」です。
この給付金には、どの基礎年金の受給者向けなのかによって次の4種類があります。老齢基礎年金の受給者の場合、「老齢年金生活者支援給付金」または「補足的老齢年金生活者支援給付金」を受給できる場合があります。主に「老齢年金生活者支援給付金」について説明します。


4種類の給付金と対象者

※横にスクロールできます。

給付金の種類 受け取れる対象者
(うち、所得の要件などを満たす人)
老齢年金生活者支援給付金 老齢基礎年金の受給者
補足的老齢年金生活者支援給付金 老齢基礎年金の受給者
障害年金生活者支援給付金 障害基礎年金の受給者
遺族年金生活者支援給付金 遺族基礎年金の受給者

※所得基準は給付金の種類によって異なります。


老齢年金生活者支援給付金の対象者と給付金額

対象者の要件

次のすべてに当てはまる人が手続きをすると、受給することができます。

  • 65歳以上の老齢基礎年金の受給者
  • 「前年の公的年金等の収入金額と「その他の所得(給与所得や利子所得等)」との合計額が、老齢基礎年金満額相当(2019年度は779,300円)以下
  • 同一世帯の全員が市町村民税非課税

給付金額

国民年金の保険料納付済期間、保険料免除期間の月数に応じて、給付金額は表のようになります。例えば、国民年金保険料を40年(480月)納付した人の場合は月額5,000円で、老齢基礎年金の月額65,000円と合わせると70,000円です。

〈給付金額(月額)の早見表(抜すい)〉

保険料
納付済期間
保険料
全額免除期間
給付金額
(月額)
老齢基礎年金額
(月額)
老齢基礎年金額
+給付金額(月額)
480月 0月 5,000円 65,000円 70,000円
240月 0月 2,500円 32,500円 35,000円
360月 120月 6,450円 56,875円 63,325円
240月 240月 7,900円 48,750円 56,650円

<日本年金機構ホームページより>

〈給付金額(月額)の計算式〉

  • 国民年金の保険料納付済期間に基づく額
    = 5,000円※1×保険料納付済期間(月数) / 480月
  • 国民年金の保険料免除期間に基づく額
    = 約10,800円※2×保険料免除期間(月数) / 480月

※1 毎年度、物価変動に応じて改定。

※2 老齢基礎年金満額(月額)の1/6(保険料全額免除、3/4免除、半額免除期間の場合)。
ただし、保険料1/4免除期間の場合は、老齢基礎年金満額(月額)の1/12(約5,400円)。

補足的老齢年金生活者支援給付金〈参考〉

老齢年金生活者支援給付金は、所得基準額(2019年度は779,300円)を少しでも超えると受給できません。
その結果、所得基準額を少し超える人よりも、老齢年金生活者支援給付金の受給者の所得総額が多くなります。こうした逆転現象がないよう、所得基準額を超える一定の人が受給できるのが「補足的老齢年金生活者支援給付金」です。給付額は、所得の増加に応じて減る仕組みです。

〈対象者の所得の要件〉

  • 「前年の公的年金等の収入金額」と「その他の所得(給与所得や利子所得など)」の合計額が、779,300円を超え879,300円(2019年度)以下

老齢年金生活者支援給付金の受給手続きは?

2019年4月1日時点で老齢基礎年金を受給しているかどうかにより、次のように受給の手続きが異なります。

※横にスクロールできます。

対象者 手続き
2019年4月1日時点で老齢基礎年金を受給中の人
  • 所得基準を満たすと確認された人へは2019年9月頃に書類が届きます。同封の請求書(はがき)に氏名などを記入して返送します。
  • 国が所得基準を満たしていると確認できない人へは、給付金の案内文書と請求書が届きます。この請求書に記入のうえ提出します。
2019年4月2日以降に老齢基礎年金の受給が始まる人
  • 年金の請求手続きの際に、あわせて給付金の請求の手続きを行います。

〈参考〉2019年4月1日時点で老齢基礎年金を受給中・所得基準を満たすと確認された人の請求書(はがき・イメージ)

2019年4月1日時点で老齢基礎年金を受給中・所得基準を満たすと確認された人の請求書(はがき・イメージ)

「障害年金生活者支援給付金」と「遺族年金生活者支援給付金」〈参考〉

障害年金生活者支援給付金、遺族年金生活者支援給付金を受給するための所得の条件や給付金額は、老齢年金生活者支援給付金と異なります。

支給要件

  • 障害基礎年金または遺族基礎年金の受給者であること、かつ、
  • 前年の所得が462万1,000円以下であること(障害年金・遺族年金等の非課税収入を除いた所得。なお、扶養親族等の数に応じてこの所得基準額は変動)

給付金額(月額)

  • 障害基礎年金(2級)の受給者・・・5,000円
  • 障害基礎年金(1級)の受給者・・・6,250円
  • 遺族基礎年金の受給者・・・5,000円

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ