生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険文化センターは、公正・中立な立場で生活設計と生命保険に関する情報を提供しています。
〜生命保険文化センターは2016年1月に設立40周年を迎えました〜

熊本地震により被災された皆様へ

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 万一の場合 > 万一の恐れは、どれくらいの割合である?

万一の恐れは、どれくらいの割合である?

35歳の死亡率は、1,000人につき男性が0.71人、女性は0.42人

万一の場合と言われますが、具体的に人が「死亡」する割合はどれくらいあるのでしょうか。その指標となるのが「死亡率」です。死亡率というのは、多数の人々のうち、ある一定期間に死亡する人数の割合です。通常、死亡者の割合は年齢とともに上昇していきます。

厚生労働省の「簡易生命表(平成28年)」によると、35歳の男性の死亡率は、1,000人あたり0.71人。これは、1,000人の35歳男性がいれば、1年後に生存している数が999人いることを意味しています。同じ35歳でも女性の場合は1,000人あたり0.42人と、男性の約半数であることがわかります。20歳から80歳くらいまでの死亡率は女性が男性の約半分となっていて、女性の方が万一の場合が起こる可能性が低いことを表しています。

平均寿命は、男性が80.98歳、女性が87.14歳

「平均余命」とは、ある年齢の人々が平均してあと何年生きられるのか、その年数のことをいいます。また「平均寿命」とは0歳の人の平均余命のことをいいます。

平成28年(2016年)のデータによると、日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳となっています。新聞やニュースなどでもよく言われていますが、男女ともに世界でトップクラスの平均寿命を誇っています。

生命表(死亡率は人口千人あたりの死亡者数)

※横にスクロールできます。

年齢 男性 女性
死亡率 平均余命
(年)
死亡率 平均余命
(年)
0歳 1.94 80.98 1.98 87.14
5 0.09 76.20 0.07 82.37
10 0.07 71.23 0.06 77.39
15 0.17 66.26 0.09 72.42
20 0.45 61.34 0.16 67.46
25 0.52 56.49 0.26 62.53
30 0.58 51.63 0.28 57.61
35 0.71 46.78 0.42 52.69
40 0.98 41.96 0.60 47.82
45 1.59 37.20 0.93 42.98
50 2.64 32.54 1.51 38.21
年齢 男性 女性
死亡率 平均余命
(年)
死亡率 平均余命
(年)
55歳 4.15 28.02 2.13 33.53
60 6.70 23.67 3.06 28.91
65 10.92 19.55 4.49 24.38
70 17.02 15.72 7.07 19.98
75 26.80 12.14 11.87 15.76
80 47.18 8.92 23.08 11.82
85 87.52 6.27 47.15 8.39
90 151.29 4.28 94.89 5.62
95 245.52 2.86 184.06 3.65
100 373.55 1.89 294.06 2.45
105〜 1000.00 1.23 1000.00 1.70

<厚生労働省「簡易生命表」/平成28年>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ