生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 万一の場合 > 労働災害で亡くなる人はどれくらいいる?

労働災害で亡くなる人はどれくらいいる?

年間約1,000人が労働災害で死亡

2014年の労働災害による死亡者数は1,057人、休業4日以上の死傷者数は119,535人、重大災害(一時に3人以上の労働者が被災した災害)の発生件数は292件と、いずれも前年より増加しています。

労働災害のなかで「過労死」等及び精神障害について見てみると、請求件数では、2007年度から精神障害が「過労死」等を上回っています。

労働災害発生状況の推移

 

休業4日以上の死傷者数(人) 死亡者数(人) 重大災害(件)
2006年 121,378 1,472 318
2007年 121,356 1,357 293
2008年 119,291 1,268 281
2009年 105,718 1,075 228
2010年 107,759 1,195 245
2011年 111,349 1,024 255
2012年 119,576 1093 284
2013年 118,157 1,030 244
2014年 119,535 1,057 292

<厚生労働省「平成26年における労働災害発生状況(1〜12月、確定)」>

過労死等及び精神障害の労災補償状況

「過労死」等 平成18年度。請求件数、938件。支給決定件数、355件。平成19年度。請求件数、931件。支給決定件数、392件。平成20年度。請求件数、889件。支給決定件数、377件。平成21年度。請求件数、767件。支給決定件数、293件。平成22年度。請求件数、802件。支給決定件数、285件。平成23年度。請求件数、898件。支給決定件数、310件。平成24年度。請求件数、842件。支給決定件数、338件。平成25年度。請求件数、784件。支給決定件数、306件。平成26年度。請求件数、763件。支給決定件数、277件。
精神障害 平成18年度。請求件数、819件。支給決定件数、205件。平成19年度。請求件数、952件。支給決定件数、268件。平成20年度。請求件数、927件。支給決定件数、269件。平成21年度。請求件数、1,136件。支給決定件数、234件。平成22年度。請求件数、1,181件。支給決定件数、308件。平成23年度。請求件数、1,272件。支給決定件数、325件。平成24年度。請求件数、1,257件。支給決定件数、475件。平成25年度。請求件数、1,409件。支給決定件数、436件。平成26年度。請求件数、1,456件。支給決定件数、497件。

注:

1. 「過労死」等とは、業務により脳・心臓疾患(負傷に起因するものを除く)を発症した事案(死亡を含む)をいう。

2. 精神障害とは、業務により精神障害を発症した事案(自殺を含む)をいう。

3. 請求件数は当該年度に請求されたものの合計であるが、支給決定件数は当該年度に「業務上」と認定した件数であり、当該年度以前に請求されたものも含む。

<厚生労働省「厚生労働白書」(平成27年)より作成>

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ