生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > リスクに備えるための生活設計 > 万一の場合 > どれくらいの保障額が何年分の生活の備えになる?

どれくらいの保障額が何年分の生活の備えになる?

3,000万円の保険金を毎年300万円ずつ取り崩すと、およそ10年分

たとえば、遺族が3,000万円の保険金を受け取り、これを毎年300万円ずつ取り崩して生活費等に充てていった場合、その遺族が生活できる年数は約10年になります。実際には遺族年金や企業保障、就労などによる収入が見込まれますので、収入と支出のバランスによって取り崩し額は変わってきます。

加入している保険金額で生活できる年数

年間取り崩し額

保険金額

120万円
(月額10万円)
180万円
(月額15万円)
240万円
(月額20万円)
300万円
(月額25万円)
360万円
(月額30万円)
420万円
(月額35万円)
480万円
(月額40万円)
10,000万円 175 年 80 年 53 年 40 年 32 年 27 年 23 年
8,000万円 108 58 40 30 24 21 18
7,000万円 86 48 34 26 21 18 15
6,000万円 68 40 28 22 18 15 13
5,000万円 53 32 23 18 14 12 10
4,000万円 40 24 18 14 11 9 8
3,000万円 28 18 13 10 8 7 6
2,000万円 18 11 8 6 5 4 4

注:受け取った保険金を毎年取り崩しながら、残金を年利1%で運用するものとして計算。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ