生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > より豊かな人生に向けた生活設計 > 健康 > 特定健康診査・特定保健指導について知りたい

特定健康診査・特定保健指導について知りたい

メタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導

心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などを予防するため、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目したのが特定健康診査・特定保健指導です。平成20年4月から医療保険者に実施が義務付けられています。健診を受診した人全員が生活習慣改善の必要性に応じて、次のような支援が受けられます。

  1. 情報提供
  2. 動機づけ支援
  3. 積極的支援

40〜74歳の全ての人が対象に

40〜74歳の人は、公的医療保険の被保険者はもちろん、被扶養者である家族も対象になります。
注:従来行われていた市町村の住民健診は廃止され、被扶養者には保険者から健診の案内が届きます。

特定保健指導は次のような手順で対象者を選定

特定保健指導は次のような手順で対象者を選定

【参考】 特定健康診査の項目

●基本的な健診の項目(内臓脂肪型肥満に着目)

  • 質問項目(既往症や服薬、喫煙等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 診察
  • 血圧測定 
  • 尿検査(尿糖、尿蛋白)
  • 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 肝機能検査(AST(GOT))、ALT(GPT)、γ−GT(γ−GTP)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビンA1c)

●詳細な検診の項目(医師が必要と判断した場合に実施)

  • 心電図検査
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球、血色素量(ヘモグロビン値)、ヘマトクリット値)

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ