生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > ひと目でわかる生活設計情報 > 生活設計を考えるために > どんなリスクが、いくらくらいの損失になる?

どんなリスクが、いくらくらいの損失になる?

こんなとき、損失金額はこのくらいになる

私たちの生活は、さまざまなリスクに囲まれています。これらのリスクが現実のものとなったとき、預貯金などの貯えだけではまかないきれない多大な経済的損失を被る可能性があります。下の事例はあくまで一つのシミュレーションで、実際の損失金額はケースによって大きく変わってきますが、生活設計を立てるうえでは、こうしたリスクを踏まえておくことが大切です。

生活上のリスクと損失金額の事例

*民間の保険等に加入していない場合の損失金額を試算。

<事例1>
35歳の男性が過失による火事で家と家財を失い、隣の45歳男性宅も全焼させてしまった(ともにケガはない)。

自宅の損失金額:住宅資産625万円+家財等(耐久消費財)140万円=765万円(i)
隣家の損失金額:住宅資産561万円+家財等(耐久消費財)128万円=689万円(ii)
⇒(i)+(ii)=1,454万円
※(i)(ii)は総務省「全国消費実態調査」(平成26年)に基づき試算。なお、(ii)は実際の賠償金額とは異なります。
損失金額
約1,450万円

<事例2>
車で45歳の一家の主(年収800万円)を死なせてしまった。

45歳の人の生命価値(※)7,371万円を賠償

※ライプニッツ方式による。 「年齢・年収による生命価値は?」のページへ
損失金額
約7,370万円

<事例3>
42歳の男性が20年間勤務した会社の倒産により失職し、1年間仕事が見つからなかった。

失業期間中に受けられるはずだった就労収入 : 443,204円×12ヵ月=5,318,448円(iii)
雇用保険から受けられる失業期間の失業給付金(基本手当):
1日分=443,204円×6ヵ月(直近の6ヵ月分の就労収入)/180=14,773円(上限7,075円)
1年分=7,075円×270日(限度日数)=1,910,250円 (iv)
⇒(iii)−(iv)=3,408,198円
※(iii)は総務省「家計調査年報」(平成27年)に基づき試算。
損失金額
約340万円

<事例4>
親(75歳)が要介護状態になり(要介護3)、介護老人福祉施設に入所、84歳で亡くなるまで介護サービスを受けた。

要介護3の人の介護老人福祉施設サービス費用の自己負担額:
1日682円(従来型個室を利用)※介護報酬点数より
⇒10年間では682円×365日×10年=2,489,300円
損失金額
約250万円

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容は参考になりましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ