生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 40代・50代で考えるセカンドライフ「定年Go!」(改訂版)ができました

40代・50代で考えるセカンドライフ「定年Go!」(改訂版)ができました
−チェックしてみませんか? あなたのセカンドライフの資金計画−

2014年2月14日 ’13−12号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・鈴木勝康)では、小冊子「定年Go!−40代・50代で考えるセカンドライフ−」を改訂しました(B5判、カラー60ページ)。

本冊子は、会社員や公務員が自ら描いたセカンドライフの実現に向けて、資金計画や生活保障等について、“どなたでも、手軽に、わかりやすくイメージできるように”というコンセプトでまとめた手引書です。自助努力による定年後の目標額の算出方法や、税金の仕組み、生命保険の活用方法など、充実したセカンドライフへ向けて必要な情報を横断的に網羅する内容となっています。

今回の改訂では、セカンドライフにかかわる年金・医療・介護など、関心が高い公的保障や税制関連の掲載データ・解説を最新の情報にもとづいて見直しています。

平成16年12月の初版以来、累計28.6万部を作成し、広くご利用いただいています。個人はもちろん、企業内の退職準備研修等のテキストとしてご活用いただくうえでも最適な小冊子です。

本冊子の特徴

セカンドライフに必要な自助努力の目標額(めやす額)を簡単に算出できます。

(算出に必要な、セカンドライフの生活費や住宅関連資金など支出額の見込みや、公的年金・退職金・企業年金など収入額の見込みは、付表データから選ぶだけですので、大変簡便です)

気になる自助努力の目標額については、「最低限必要な額」と「ゆとりある生活のための額」が同時に導き出せます。

生命保険については、セカンドライフに必要な保障を老後(生活費)・死亡・医療・介護の4分野に分け、各分野別に準備の仕方をわかりやすく解説しています。

セカンドライフに関わりの深い健康保険や年金、税金、雇用保険などの仕組みや、「定年前後の手続き」に役立つ便利な情報をわかりやすくまとめています。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※1部の場合の代金(税・送料込)は360円です(冊子代金200円+1部の場合の送料160円)。

 

本冊子の内容(掲載項目)

掲載項目 主な掲載内容 ページ
Step1
セカンドライフの自助努力目標額
  • セカンドライフの生活費と負債・援助・住宅関連資金の総額
  • 公的年金の受取り額と退職金・企業年金の総額
  • 自助努力目標額の算出
  • 独身、共働き世帯の自助努力目標額Q&A など
6
Step2
セカンドライフの税金と資産運用
  • 所得税・住民税・相続税・贈与税の仕組み
  • 1,000万円を貯めるのに必要な毎月の積立額
  • 金融商品を知るための3つの基準 など
28
Step3
セカンドライフの健康保険と介護保険
  • 退職後の公的医療保険制度
  • 医療費の自己負担割合・限度額(高額療養費)
  • 介護サービスの内容、要介護認定の基本的な流れ
  • 要介護度の区分と支給限度額 など
34
Step4
セカンドライフの生命保険活用法
  • 保障ニーズ(老後・死亡・医療・介護)ごとにみる生命保険の仕組み
  • 自身や家族の契約状況の確認、保障内容の見直し など
42
参考
  • 成年後見制度について
  • 定年前後の相談先・手続きリスト
55

本冊子のページ見本

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ