生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「生命保険と税金の知識」・「ほけんのキホン」(改訂版)ができました

「生命保険と税金の知識」・「ほけんのキホン」(改訂版)ができました

2013年6月21日 '13−3号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・鈴木勝康)では、小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」(B5判、カラー48ページ) ・「イラストでわかる生命保険 ほけんのキホン」(B5判、カラー64ページ)の2冊子を改訂しました。

「生命保険と税金の知識」のページへ

「ほけんのキホン」のページへ

「生命保険と税金の知識」は、保険金・年金などの受け取り時にかかる税金や、所得税・住民税の負担が軽減される生命保険料控除など、具体的な計算事例を多用して生命保険と税金との関わりをわかりやすく解説しています。

「ほけんのキホン」は、生命保険が果たす役割、契約時の留意点、契約後の見直しの方法、各生命保険種類の特徴などをわかりやすいイラストや言葉で解説しています。

「生命保険と税金の知識」の主要な改訂ポイント

税制改正のポイントを解説

平成25年3月に決定された税制改正のうち、生命保険に関わるポイントをまとめた参考ページを新設しました。 相続税の基礎控除額の引下げや相続税・所得税・贈与税の税率の見直しについては、改正前と改正後がひと目で理解できるように図表でわかりやすく解説しています。

復興特別所得税を加味した事例へ最新化

平成25年から平成49年分の所得に対し、所得税に加えて復興特別所得税が課税されます。
そこで、本冊子では復興特別所得税を含めた計算事例を表示し、現在の税制に則した内容へ最新化しています。

「ほけんのキホン」の主要な改訂ポイント

標準利率改定への対応

平成25年4月に標準利率が12年ぶりに見直され、引き下げられました。
これに伴い、生命保険会社や保険商品によっては新たに契約する際の保険料も改定されています。
本冊子では、例示として掲載している保険料や保険金額などを変更しています。

必要保障額の見直し

世帯主が万一のときに、遺族に必要となる金額を算出する際の生活費や住居費など、また万一のときの遺族年金などの収入金額を最新化しました。

※「ほけんのキホン」は電子ブックでご覧いただけます。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※小冊子の代金と送料の合計額をお振り込みいただきます。

  • いずれの冊子も1冊申込みの場合は代金100円、送料込260円です。
  • 各1冊ずつの2冊セットでお申込みの場合は代金200円、送料込400円です。

目次と見本ページ

知っておきたい 生命保険と税金の知識

目次 ページ
生命保険と税金の早わかりチャート 2
生命保険料を支払った場合の税金の取扱い 4
契約形態で異なる受取時の税金の種類、申告期限 9
1.死亡保険金に相続税がかかる場合 10
 相続税額早見表 15
2.死亡保険金を受け取って所得税がかかる場合 16
3.死亡保険金に贈与税がかかる場合 18
4.満期保険金を受け取って所得税がかかる場合 19
5.一時払養老保険(5年満期)など金融類似商品の税金 20
6.満期保険金を受け取って贈与税がかかる場合 21
7.個人年金保険の年金を受け取った場合 22
8.個人年金保険で贈与税がかかる場合 24
【参考】年金受給権の権利評価額について(相続税法24条) 25
【参考】相続税・贈与税の対象となった年金の所得税(雑所得) 26
【参考】契約形態で異なる税金の種類(個人年金保険の年金) 27
9.入院給付金の税金は? 28
10.こども保険の場合 29
<生命保険と税金Q&A>(Q1〜Q19) 30〜43
【参考】平成27年1月実施予定の改正のポイント 44

見本ページ (例:44、45ページ)

見本1

イラストでわかる生命保険 ほけんのキホン

目次 ページ
その1  保険はどんなもの? 編 2
その2  どんなとき、どんな保障が必要なの? 編 6
その3  契約するにはどうしたらいいの? 編 18
その4  生命保険は見直しが必要なの? 編 26
その5  その他知っておきたい大切なこと 編 38
巻末資料  生命保険商品を知ろう! 49

見本ページ (例:10、45ページ)

見本2見本3

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ