生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「生命保険と税金の知識」 改訂のお知らせ

「生命保険と税金の知識」 改訂のお知らせ

2015年2月20日 '14−9号 Press Release

 (公財)生命保険文化センター(代表理事・鈴木勝康)は、小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」(B5判、カラー48ページ) を改訂しました。


 本小冊子は、生命保険の保険金・年金などを受け取る際の税金や、所得税・住民税の負担が 軽減される生命保険料控除など、具体的な計算事例やQ&Aを用いて生命保険と税金との関わりをわかりやすく解説しています。 今回の主な改訂点は下記のとおりです。

今回の主な改訂ポイント

平成27年1月実施の相続税、贈与税など税制改正に対応

  • 相続税、贈与税、所得税の改正を踏まえ、税率などがわかる税額速算表や、遺産総額に応じた相続税額の早見表などを最新化しています。
  • 相続税や贈与税の計算事例も最新化と見直しを行い、贈与税については新設された「特例贈与」(20歳以上の子や孫などへの贈与)の場合の計算を交えて解説しています。

生命保険と税金Q&Aを充実

  • 当センターへ寄せられる相談を踏まえ、「生命保険と税金に関するQ&A」を見直すとともに、収録の問答数を全22問に増やすなど一層の内容の充実を図っています。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※1部の場合の代金(税・送料込)は260円です(冊子代金100円+1部の場合の送料160円)。

本冊子の内容とページ見本

1. 内容

目次 ページ
生命保険と税金の早わかりチャート 2
生命保険料を支払った場合の税金の取扱い 4
契約形態で異なる受取時の税金の種類、申告期限 9
1.死亡保険金に相続税がかかる場合 10
 相続税額早見表 15
2.死亡保険金を受け取って所得税がかかる場合 16
3.死亡保険金に贈与税がかかる場合 18
4.満期保険金を受け取って所得税がかかる場合 19
5.一時払養老保険(5年満期)など金融類似商品の税金 20
6.満期保険金を受け取って贈与税がかかる場合 21
7.個人年金保険の年金を受け取った場合 22
8.個人年金保険で贈与税がかかる場合 24
9.入院給付金の税金は? 28
10.こども保険の場合 29
<生命保険と税金Q&A>(Q1〜Q22) 30〜44

2. ページ見本

(保険金などの受取時の税金が一目でわかる「生命保険と税金の早わかりチャート」)

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ