生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「遺族保障ガイド」改訂のお知らせ

「遺族保障ガイド」改訂のお知らせ

2015年9月17日 '15−6号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・鈴木勝康)は、小冊子「遺族保障ガイド〜『万一』に備える生命保険活用術〜」(B5判、カラー52ページ)を改訂しました。


 本小冊子は、遺族年金などの公的保障や企業保障をはじめ、個人で準備する生命保険の活用方法など、誰にでもいつかは訪れる「万一」への経済的保障についてわかりやすく解説しています。

 今回の主な改訂点は下記のとおりです。

今回の主要な改訂ポイント

公的年金制度の改正に伴い、遺族年金の変更点を反映しました

  • 平成27年10月より実施される「被用者年金の一元化」に伴い、特に公務員等の遺族年金制度がどのように変更されるのかわかりやすく解説しています。
  • 今回の改正によって公的年金制度に関心を持つであろう公務員世帯を、必要保障額の事例に加えました。

各種データの最新化、巻末資料の充実

  • 「月々の生活費」、「子どもの教育費」などのデータを最新化し、年代別の「必要保障額の事例」などに反映しています。
  • 契約している生命保険の内容を整理できる「生命保険チェックシート」を巻末資料に新設しました。

※「遺族保障ガイド」は、ホームページ上にも電子ブック版を掲載しています。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※1部の場合の代金(税・送料込)は360円です(冊子代金200円+1部の場合の送料160円)。

本冊子の内容とページ見本

1. 内容

掲載項目 主な掲載内容
「万一」のための保障とは? Ⅰ 何のために備えるの?
Ⅱ いくら備えたらいいの?
「万一」のときの収入見込みは? Ⅰ 準備手段① 公的保障
Ⅱ 準備手段② 企業保障
Ⅲ 準備手段③ 個人保障
相続と相続税
必要保障額の事例
「万一」に備える生命保険 Ⅰ 生命保険の活用に向けて
Ⅱ 主な主契約の種類 主契約の保障内容・保険料の例
 その他の種類
Ⅲ 主な特約の種類
Ⅳ 生命保険の販売経路
Ⅴ 生命保険の見直し
Ⅵ 保険金の請求手続き
巻末資料 「万一」のときのためのQ&A
エンディングノート
「万一」のときの手続き一覧
生命保険チェックシート

2. ページ見本

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ