生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > プレスリリース > 「生命保険と税金の知識」・「遺族保障ガイド」改訂のお知らせ

「生命保険と税金の知識」・「遺族保障ガイド」改訂のお知らせ

2017年12月14日 '17−7号 '17−8号 Press Release

(公財)生命保険文化センター(代表理事・鈴木勝康)では、小冊子「知っておきたい 生命保険と税金の知識」(B5判、カラー56ページ)・「遺族保障ガイド-『万一』に備える生命保険活用術-」(B5判、カラー52ページ)の2冊子を改訂しました。

「生命保険と税金の知識」は、生命保険の保険金・年金などを受け取る際の税金や、所得税・住民税の負担が軽減される生命保険料控除など、具体的な計算事例やQ&Aを用いて生命保険と税金との関わりをわかりやすく解説しています。

「遺族保障ガイド」は、遺族年金などの公的保障や企業保障をはじめ、個人で準備する生命保険の活用方法や契約の際の留意点など、誰にでもいつかは訪れる『万一』への経済的保障についてわかりやすく解説しています。

両冊子とも、多くの方々にお読みいただきたい内容ですので、ぜひ紙面等にてご紹介いただければ幸いです。

《「生命保険と税金の知識」の主な改訂ポイント》

平成30年実施分の税制改正に対応

  • 所得税の配偶者控除・配偶者特別控除や、生命保険会社から電子メールで送信される生命保険料控除証明書を確定申告時に添付できる仕組みのスタートなど、平成30年実施分の税制改正に対応して解説内容を最新化しています。
  • 消費者の生活や生命保険に関する税制改正の内容をまとめた「平成30年実施分の税制改正のポイント」と題するページを新たに設け、税制改正のポイントがひと目でわかるようにしています。

相続税・所得税の計算やその流れが理解しやすいよう工夫

  • 計算過程が多段階に及ぶため仕組みをとらえにくい相続税・所得税について、従来からの具体的な計算事例に今回は豊富な図解を加え、一層理解しやすいよう解説を見直しています。

《「遺族保障ガイド」の主な改訂ポイント》

必要保障額の事例に「妻死亡時の必要保障額」を追加

  • 「共働きの妻に万一のことがあった場合の必要保障額」を新たに追加しました。

最近の商品動向と制度改正に対応

  • 低金利が続く中、取扱いが増えている外貨建ての生命保険についてのコラムを新設しています。
  • 保険金を受け取るときのマイナンバーの申告や平成30年に変更予定の支払調書についてQ&Aで解説しています。

相続時の注意点について内容をさらに充実

  • 平成27年から相続税の基礎控除額が引き下げられたことにより、相続税の課税割合が増加していることや、代襲相続など相続時の注意点についてQ&Aでより詳細に解説しています。

※「遺族保障ガイド」は、ホームページ上にも電子ブック版を掲載しています。

申込方法

1週間ほどで、小冊子と振込用紙(振込手数料無料)をお送りします。

※冊子代金(「生命保険と税金の知識」は1部税込100円、「遺族保障ガイド」は1部税込200円)と送料(購入部数に応じて変わります)の合計額をお振込いただきます(「生命保険と税金の知識」1部の場合、送料160円を含めると合計260円「遺族保障ガイド」1部の場合、送料160円を含めると合計360円)。

「知っておきたい 生命保険と税金の知識」

1. 本冊子の内容

目次 ページ
生命保険と税金の早わかりチャート 4〜
生命保険料を支払った場合の税金の取扱い(生命保険料控除) 6〜
契約形態で異なる受取り時の税金の種類、申告期限 12〜
 1.死亡保険金を受け取って相続税がかかる場合 14〜
  相続税額早見表 19
 2.死亡保険金を受け取って所得税・住民税がかかる場合 20〜
 3.死亡保険金を受け取って贈与税がかかる場合 23
 4.満期保険金を受け取って所得税・住民税がかかる場合 24
 5.満期保険金を受け取って贈与税がかかる場合 25
 6.個人年金保険の年金を受け取った場合 26〜
 7.個人年金保険で贈与税がかかる場合 28〜
 8.入院給付金の税金 33
 9.収入保障保険の税金 34〜
 10.こども保険の税金 36〜
 11.一時払養老保険(5年満期)など金融類似商品の税金 38
<生命保険と税金Q&A> (Q1〜Q24) 39〜53
【参考】平成30年実施分の税制改正のポイント 54

2. 見本ページ (例:14、54ページ)

<14ページ:死亡保険金険の税金(相続税の場合)>

<54ページ:平成30年実施分の税制改正のポイント>

「遺族保障ガイド −「万一」に備える生命保険活用術−」

1. 本冊子の内容

掲載項目 主な掲載内容 ページ
「万一」のための保障とは? ○ 何のために備えるの?  ○ いくら備えたらいいの? 3〜
「万一」のときの収入見込みは? ○公的年金のしくみ  ○遺族年金  ○遺族年金額の目安  ○企業保障
○私的保障の考え方  ○必要保障額の事例  ○相続と相続税  など
8〜
「万一」に備える生命保険 ○主な主契約の種類  ○主な特約の種類  ○生命保険の販売経路
○生命保険の見直し  ○保険金の請求手続き  など
25〜
巻末資料 ○Q&A  ○遺言について  ○エンディングノート
○「万一」のときの手続き一覧  ○生命保険チェックシート
42〜

2. 見本ページ (例:16、17ページ)

「プレスリリース」一覧のページへ

ページトップへ