生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 調査活動・学術振興事業 > 研究報告書紹介(JILI FORUM) > 研究誌 JILI FORUM No.11「生活者の価値観は変わったか」(2002年4月)

研究誌 JILI FORUM No.11「生活者の価値観は変わったか」(2002年4月)

当センターは1976年より5年毎に実施している時系列調査で、多様化が進む生活者の価値観の変遷を捉えてまいりました。本誌前半では、今回の第5回価値観調査結果をもとに多くの学識者の皆様に様々な角度から検討していただいた研究成果を掲載しています。また、後半では、『第2特集インターネットは金融商品選択を変えるか』と題した当センター研究員の研究成果と、教育や住宅、医療、サラリーマンの副業や確定拠出年金などをテーマとする自主研究レポートを掲載しています。

概要

巻頭言

特集1 生活者の価値観は変わったか

  • 都市の非通念性としての「脱近代家族」意識
    東京都立大学教授 松本康
  • 「家族」をみつめ直す −価値観・ライフスタイル分析からの展望−
    高岡短期大学教授 吉田俊六
  • 価値意識の世代、家族形態による分析 −若者は享楽的になったのか?−
    東京学芸大学助教授 山田昌弘
  • 価値観調査と資産選択行動 −若年世代はリスクテイキングか−
    成城大学教授 村本孜
  • 生活不満と生活不安
    東京大学助教授 武川正吾
  • 価値観の変化とリスク性金融商品選択の可能性について
    生活研究部 松尾健司

研究論文

(新規ウィンドウに表示)

特集2 インターネットは金融商品選択を変えるか

自由論題


出版物のご案内「調査・研究報告書」のページへ(お申し込み方法)

ページトップへ