生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 調査活動・学術振興事業 > 研究報告書紹介(JILI FORUM) > 研究誌 JILI FORUM No.9「シニアクライシス〜改めて問い直す高齢期の生活設計」(2000年3月)

研究誌 JILI FORUM No.9「シニアクライシス〜改めて問い直す高齢期の生活設計」(2000年3月)

21世紀の日本は本格的な高齢社会を迎えようとしています。さらに非婚の中高年が増加傾向にあることや、子供を産まない夫婦が増加する可能性も大きく、高齢期の単身化も進行していくと考えられます。それ故、元気な高齢者が自立し、社会と共存するためのシステムの構築が必要となってきています。また生活者においても豊かな老後生活を送るためには、若い頃から自立・自助の考えを持ち、生活設計を立て、生活リスクの認識と適切な対応を図ることが望まれます。そこで本誌では急速に到来する高齢社会における問題点、高齢期に向けての生活設計や生活保障のあり方などについて、数々の観点から見つめ直しています。

概要

巻頭言

  • 「高齢期の生活設計」を考える
    生命保険文化センター理事長 三宅 正太郎

特集 シニアクライシス〜改めて問い直す高齢期の生活設計〜

  • アクティブシニアの生起とその行動−シニアクライシスをブレークスルーする−
    成城大学教授  村本 孜
  • ミレニアム・世紀・デケイド−生活保障を考えるタイムスパン
    東京大学助教授  武川 正吾
  • 高齢社会における雇用の変化と個人リスク
    麗澤大学助教授  下田 健人
  • 高齢期の家族をとりまく変化と生活設計
    東京学芸大学助教授  山田 昌弘
  • 少子・高齢社会における女性と年金
    奈良女子大学助教授  木村 陽子
  • 家計の老後保障準備に対する指標による評価に関する試論
    生活研究部  西久保 浩二

研究論文・研究ノート

(新規ウィンドウに表示)


ページトップへ