生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > トピックス > 設立40周年を迎えて

設立40周年を迎えて

ごあいさつ

公益財団法人 生命保険文化センターは、2016(平成28)年1月5日に設立40周年を迎えました。今日までの皆様のご支援・ご協力に対し心より感謝申し上げます。
この10年間を振り返りますと、東日本大震災をはじめとした自然災害が頻発し、生活の安定を支えるセーフティネットが従来にも増して重要となってきております。そのセーフティネットを支える手段の一つとして生命保険が広く利用されておりますが、人々の生命保険制度への理解が十分に深まり、自律的に生命保険を利用しているとは必ずしも言えない状況にあります。
生命保険文化センターは、そういった人々が生活設計や生活保障を考え、検討する上でかけがえのない拠り所となるべく今日まで活動して参りました。また、学界や行政などの生命保険事業に対する社会的要請に応え、公益財団法人として公正・中立な立場で諸事業を運営し、広く世に認められるようになりました。
今後、少子高齢化が益々加速していく社会においては、社会保障制度の改革が余儀なくされるであろうと考えられております。それに伴い、自助努力による生活保障準備も様変わりしていくことが推察され、生命保険文化センターの役割はこれからも益々重みを増していくものと思われます。
そういった期待に応えられるよう今後もこれまで培ってきた諸事業の蓄積に加え、新たな試みにも積極的に取り組んで参りたいと思います。

2016年1月

評議員会会長 山下友信 代表理事 鈴木勝康

「最新情報 更新履歴」一覧のページへ

ページトップへ