生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

特約の種類

特約は多種多様。機能によって分類すると理解しやすい。特約は、主契約によりさらに多種多様。同じ名前の特約でも、各生命保険会社によって保障内容や給付条件などの細部で違いがあったりします。ここで各特約の基本的な内容を理解して、実際に契約するときにお役立て下さい。

  • 保険期間終了後、健康状態にかかわらず「更新」という形で契約を継続できる制度があります。
  • 死亡保障のある特約については、所定の高度障害状態になったときに、死亡保険金額と同額の高度障害保険金が受け取れます。この保険金を受け取った時点で、契約は消滅します。

特約付加には条件や制約があるので注意しましょう。

注意

  • 特約の付加条件は生命保険会社によって異なり、主契約や特約の種類によっては付加できない場合もあります。
  • 付加できる特約の保険金額・給付金額は生命保険会社によって異なり、最低取扱金額や主契約の保険金額による制約などを受けます。
  • 特約の保険期間は、通常、主契約の保険期間や保険料払込期間と同じとなっています。ただし、終身保険や個人年金保険の終身年金に疾病入院特約や災害入院特約などを付加した場合は、原則80歳まで(生命保険会社によっては一生涯)これらの特約を継続できます。なお、保険料払込満了後もそれら特約の継続を希望する場合には、通常、主契約の保険料払込期間満了後の特約の保険料を一括(前納)して払い込む必要があります。分割払、年払を取り扱っている生命保険会社もあります。

おもな特約をその機能の違いによって分類すると次のようになります。

このページの感想をお聞かせください。

この項目数で満足ですか?

送信
ページトップへ