生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

更新について

更新ってなに?

  • 10年、15年など一定期間を保障する保険のうち、定期保険や医療保険などには、「更新型」というタイプがあります。
  • 更新とは、保険期間の終了後も健康状態に関係なく原則としてこれまでと同じ保障内容・保障額・保障期間(ただし、所定の限度あり)で契約が継続される制度です。
  • 更新の際、更新時の年齢、保険料率によって保険料が再計算されるので、保険料は通常更新前よりも高くなります。
  • 契約者から申し出がなければ自動更新となりますので、更新を希望しない場合は申し出る必要があります。
    ※生命保険会社の取扱範囲内で保険金額を減額して更新することもできます。
  • 更新には80歳になるまでなどの限度がありますが、生命保険会社や商品により異なりますので、いつまで継続できるのか確認しておくことが大切です。

定期保険特約の更新について

  • 定期保険特約を終身保険などに付加する場合、「期間の違い」「更新の有無」によって2つのタイプがあります。
更新型 全期型
契約から10年・15年などを当初の特約保険期間として、特約保険期間が満了するごとに、終身保険の払込期間満了までを限度として更新していきます。 契約から終身保険の保険料払込満了までが特約の保険期間で、その間特約の更新はありません。
(終身保険に付加した例)
(終身保険に付加した例)
特約保険料は、更新のつど通常高くなります。更新前と同じ保障内容で更新できるほか、「更新しない」「保険金額を減らして更新する」など保障を見直すことができます。
例えば、所得が少ない状況で、まとまった死亡保障を確保しつつ当面の保険料負担を抑えたい場合などには、更新型を検討するのも一案です。
特約保険料は払込満了まで一定です。ただし、特約保険金額が更新型と同じ場合、契約当初の特約保険料は全期型のほうが高くなります。
例えば、特約による死亡保障額を将来的にさほど見直さずに(減らさずに)長く続けたい場合などには、全期型を検討するのも一案です。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ