生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

保険料の仕組

いざというときの保障の対価として払い込む保険料。この保険料は、どのようにして決まるのでしょうか? 保険料と密接な関係にある「配当金」と一緒に理解しましょう。

保険料計算の「3要素」

生命保険の保険料は、次の3つの予定率(契約時に予定された基礎率)をもとに計算されています。

予定死亡率 過去の統計をもとに、性別・年齢別の死亡者数(生存者数)を予測し、将来の保険金などの支払いにあてるための必要額を算出します。算出の際に用いられる死亡率を予定死亡率といいます。 保険料
予定利率 生命保険会社は資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その分だけ保険料を割り引いています。その割引率を予定利率といいます。
予定事業費率 生命保険会社は契約の締結・保険料の収納・契約の維持管理などの事業運営に必要な諸経費をあらかじめ見込んでいます。これを予定事業費率といいます。

※この予定率は保険種類や契約時期によって異なっています。

このページの感想をお聞かせください。

掲載内容はお役に立ちましたか?

掲載内容はわかりやすかったですか?

送信
メールマガジン登録受付

(公財)生命保険文化センターでは、毎月2回メールマガジンを定期的に発行し、 生命保険に関する基礎的な情報をお届けしています。

お申込みはこちらから

ページトップへ