生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 生命保険に関するQ&A > Q.投資性の強い生命保険とは?

生命保険に関するQ&A

Q.投資性の強い生命保険とは?

A

「変額保険・変額個人年金保険」「外貨建ての保険」「市場価格調整(MVA:Market Value Adjustment)を利用した保険」が投資性の強い生命保険に該当します。これらを契約するにあたっては、次の点について留意し、よく理解しておくことが大切です。

商品の特徴と市場リスクに関する留意点

【変額保険・変額個人年金保険】

特徴 市場リスクに関する留意点
  • 株式や債券を中心とする「特別勘定」で資産を運用し、その運用実績によって保険金(年金)や解約返戻金が増減する保険種類です。
  • 「特別勘定」の資産は、国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は払込保険料の総額を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。


【外貨建ての保険】

特徴 市場リスクに関する留意点
  • 終身保険、養老保険、個人年金保険等の保険種類について、保険料の払込みや保険金等の受け取りを外貨建てで行う仕組みを取り入れたものです。
  • 為替レートの変動により、受け取る円換算後の保険金額が契約時における円換算後の保険金額を下回ることや、受け取る円換算後の保険金額が、払込保険料の総額を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。


【市場価格調整を利用した保険】

特徴 市場リスクに関する留意点
  • 終身保険、養老保険、個人年金保険等の保険種類について、市場価格調整により解約返戻金が変動する仕組みを取り入れたものです。
    〔一般的に、中途解約時に、積立金額に所定の「市場価格調整率」を用いて、解約時点の運用資産(債券等)の価値を解約返戻金に反映(控除・加算)します。〕
  • 市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約返戻金が払込保険料の総額を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。
  • 具体的には、中途解約時の市場金利が契約時と比較して上昇した場合には、解約返戻金は減少し、逆に、下落した場合には増加することがあります。


費用に関する留意点

負担する諸費用のうち主なものは以下のとおりです。

保険契約関係費 契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、契約の締結・維持・管理に 必要な経費です。
資産運用関係費投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。
解約控除契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生します)。


※リスクの内容や、負担する諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、「契約締結前交付書面(【契約概要】および【注意喚起情報】からなります)」、「ご契約のしおり」等で確認しましょう。

「生命保険に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ