生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 生命保険に関するQ&A > Q.一人暮らしの親が死亡。生命保険に入っていたか分からない場合は?

生命保険に関するQ&A

Q.一人暮らしの親が死亡。生命保険に入っていたか分からない場合は?

A

「保険証券」「ご契約内容のお知らせ」「生命保険料控除証明書」などの書類が見当たらない場合は、預金通帳などから保険料が引かれていないか確認してみましょう。

会社員などの場合は、保険料を給与から引き去る「団体扱」にしている契約もあるため、勤務先の保険事務担当者に問い合わせてみましょう。

契約している生命保険会社が分かったら、連絡をして手続きをとることになりますが、手続きは保険金受取人がする必要があります。受取人以外の人からの問い合わせの場合は、あらためて受取人から問い合わせることになります。

書類や通帳でもわからない場合

書類や通帳でもわからない場合は、手がかりになるものとして生命保険会社の名前が入ったカレンダー、タオル、ティッシュなどがあります。

契約していたと思われる生命保険会社があれば、その会社の本社または支社に、次のものを持参して、故人の氏名と生年月日で契約があるかどうか照会をすることができます。

  1. 「死亡診断書」など死亡したことが分かる書類
  2. 「戸籍謄本」など死亡した人と契約照会をする人との関係が分かる書類
  3. 「運転免許証」など契約照会をする人について、本人確認ができる書類

大震災による特別な照会制度が設けられる場合を除き、契約照会をする場合、基本的には個別の生命保険会社に1社ずつ問い合わせることになります。

しかし、生命保険会社は40社以上ありますので、まったく手がかりがないという場合は、弁護士に依頼して契約照会をしてもらう方法もあります。

弁護士は、その弁護士が所属している弁護士会を通じて(一社)生命保険協会あてに契約照会を行います(弁護士会は、その申し出が適当でないと認める場合は拒絶することがあります)。

弁護士会から照会があった場合、(一社)生命保険協会は、加盟生命保険会社全社に契約照会を取り次ぎます。なお、弁護士を通しての契約照会は、費用(少額)とある程度の時間がかかります。

また、民間の生命保険会社以外のもの(JA・全労済・県民共済等の共済、損害保険など)は、それぞれ別に契約照会する必要があります。


「生命保険に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ