生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 医療保障に関するQ&A > Q.終身保険の保険料の払込みが満了になると、その後の医療特約はどうなるの?

医療保障に関するQ&A

Q.終身保険の保険料の払込みが満了になると、その後の医療特約はどうなるの?

A

終身保険(主契約)の保険料払込期間は60歳、65歳までなど契約時に決めて契約します。
例えば、60歳払込満了として契約した場合、終身保険部分の保険料は60歳で払込みが終了します。ただし、付加している特約部分の保険料は60歳までの分の払込みとなっているのが一般的です。

そのため、災害入院特約や疾病入院特約など医療特約の継続を希望する場合には、通常、主契約の保険料払込満了時に特約の保険料を一括して前納、もしくは分割払(複数年前納、年払等)により払い込む必要があります。

なお、特約の全期間の保険料を主契約の保険料払込期間に合わせて払い込むように計算している商品もあります。その場合、主契約保険料払込満了後の特約保険料の払込みは必要ありません。

終身保険や個人年金保険の終身年金に医療特約等を付加した場合は、原則80歳まで(生命保険会社によっては一生涯)継続することができます。

<<契約例>>終身保険に医療特約を付加した場合(60歳払込満了

※一括前納する特約保険料はまとまった金額となりますので、事前に目安額を確認して、準備しておきましょう。

※特約保険料の払込みが所定の期限に間に合わないと、特約の保障は消滅し、元に戻すことができないという取り扱いがありますので、注意が必要です。

 

「医療保障に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ