生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 介護保障に関するQ&A > Q.生命保険で介護に備える方法は?

介護保障に関するQ&A

Q.生命保険で介護に備える方法は?

A

契約のしかたは、大きく分けて「主契約」として契約する方法と、「特約」として他の主契約に付加する方法の2つがあります。また、介護保障を準備するその他の方法として、死亡保障や老後保障を主な目的とする生命保険の保障内容を、一定の時期に介護保障に移行(変更)できる取り扱いもあります。

主契約として契約する「介護保険」

「介護保障」を主な内容とする単独の生命保険商品では、契約に定める所定の要介護状態になったときに一時金や年金が受け取れます。契約期間中、要介護状態にならずに死亡した場合には一般的に「死亡給付金(保険金)」が受け取れます。所定の高度障害状態になった場合、高度障害保険金が受け取れる保険商品もあります。

介護保障を主な目的としているため死亡給付金が少額のタイプと、介護保障と死亡保障を目的としているため「要介護状態」でも「死亡」でも、受け取れる金額が同額のタイプがあります。

  • 所定の要介護状態になって、一時金や年金を受け取った後で死亡した場合、死亡給付金が受け取れるタイプと、受け取れないタイプがあります。また、所定の死亡給付金額から支払われた介護年金額などを差し引いた分が受け取れるタイプもあります。
  • 死亡保障や医療保障を充実させるために、主契約である介護保険に各種の特約を付加できる商品もあります。

主契約に付加する「介護の特約」

介護保障以外の保障を内容とする生命保険(主契約)に、介護保障を主な内容とする「特約」を付加する方法です。一般的には終身保険に付加できますが、個人年金保険・養老保険・医療保険・がん保険などにも付加できる取り扱いをしている生命保険会社もあります。
介護の特約は大きく分けて次の2通りのタイプがあります。

  • 介護のみを保障するタイプで、死亡保障などは主契約や同時に付加されている他の特約から受け取れます。
  • 1つの特約で介護と死亡・高度障害を保障するタイプで、介護と死亡・高度障害の場合の保険金額(年金額)が同額となっています。保険金は重複して受け取れないので、介護で受け取ると、死亡・高度障害時には受け取れません。

介護保障への移行(変更)

「Q.契約している生命保険の保障内容を介護保障に変える制度とは?」のページへ

「介護保障に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ