生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 年金に関するQ&A > Q.市中金利に連動する個人年金保険とは?

年金に関するQ&A

Q.市中金利に連動する個人年金保険とは?

A

個人年金保険の保険料が決まる際の一要素として、「予定利率」があります。これは、生命保険会社が資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その分の保険料を割り引く割引率のことです。

一般的に、予定利率は契約時に定まり、途中で変更されません。この場合、配当のあるタイプの商品ならば、資産運用による収益が予定を上回るなどして剰余が生じると、配当金として契約者に分配されることになります。

一方、利率変動型の個人年金保険は、5年など契約後の一定期間ごとに予定利率が見直されます。予定利率が変更されても保険料の額は変わらず、将来受け取る年金額が変更されます。

適用される予定利率には最低保証が設けられていて、この最低保証の予定利率より利率が高く設定されれば、年金額・解約返戻金などが増えることになります。なお、利率変動型の個人年金保険は無配当商品のため、配当金はありません。

「年金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ