生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 税金に関するQ&A > Q.契約者が死亡したので契約者を変更すると、税金は?

税金に関するQ&A

Q.契約者が死亡したので契約者を変更すると、税金は?

A

契約者と被保険者が異なる契約では、契約者が保険期間中に死亡した場合、新しく契約者となった人が契約の権利を引き継ぐことになります。このため、契約者が死亡した時点で、「生命保険契約に関する権利」として評価された金額が相続税の課税対象となります。

生命保険契約に関する権利の評価額

解約返戻金の額(*)が、生命保険契約に関する権利の評価額となります。

(*)解約返戻金のほかに受け取れる前納保険料の金額、配当金等がある場合は、これらの金額を加算し、解約返戻金の額につき源泉徴収されるべき所得税の額に相当する金額がある場合には、当該金額を控除した金額となります。

関連項目

「税金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ