生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

トップ > 生命保険を知る・学ぶ > 生命保険Q&A > 税金に関するQ&A > Q.専業主婦が満期保険金や年金を受け取ると、夫の配偶者控除はどうなるの?

税金に関するQ&A

Q.専業主婦が満期保険金や年金を受け取ると、夫の配偶者控除はどうなるの?

A

満期保険金や年金を受け取ると、課税一時所得や課税雑所得金額が発生することがあります (参照:「Q.満期保険金に所得税がかかる場合の計算方法は?」「Q.個人年金保険の年金を受け取って所得税がかかるときの計算方法は?」)。パートタイムなどで他に所得がある場合は、それを合計したものが妻の合計所得金額になります。

夫が配偶者控除を受けられるのは、妻の合計所得が38万円以下の場合であり、38万円を超えるとその年の配偶者控除(38万円)を受けることはできません。

なお、妻の合計所得金額が38万円超〜76万円未満で、夫の合計所得金額が1,000万円以下の場合は、配偶者特別控除が受けられます。配偶者特別控除の金額は次表の通り、妻の合計所得金額に応じて38万円〜3万円になっています。

妻の所得と配偶者控除・配偶者特別控除(所得税)

妻の合計
所得金額
妻の所得税 夫の配偶者控除 夫の配偶者
特別控除
38万円以下 かからない 38万円 受けられない
38万円超〜
76万円未満
かかる 受けられない 妻の合計所得
金額に応じて
38万円〜3万円
76万円以上 かかる 受けられない 受けられない

※パートタイムの主婦など給与所得者の場合の所得金額とは、給与所得控除後の給与の額をいいます。例えば給与収入が100万円の場合、給与所得控除額は65万円、給与所得控除後の給与の額は35万円になります。この妻に課税一時所得が10万円あった場合、妻の合計所得金額は45万円となり、夫は31万円の配偶者特別控除を受けられることになります。
※配偶者控除と配偶者特別控除の両方を受けることはできません。

「税金に関するQ&A」一覧のページへ

このページの感想をお聞かせください。

この回答で解決できましたか?

回答はわかりやすかったですか?

送信
ページトップへ