生命保険を知る・学ぶ

「知っておきたい生命保険の基礎知識」、「生命保険Q&A」を、「約款」の解説としてご利用いただくことができます。

閉じる

生命保険論集

 「生命保険論集」は、生命保険ならびにこれに関連する研究論文の発表の場として、大学の教授、准教授の方々から助教、大学院生、さらには、実務専門家にいたる幅広い保険研究者の方々からご寄稿いただいており、生命保険の論文集としても高い評価をいただいております。発行は年4回、6月、9月、12月、3月の各月の20日。

インターネットでのお申込みはこちら

FAX・郵送でのお申込みはこちら(新規ウィンドウに表示)

「年間購読の申込みについてのご案内」はこちら

「生命保険論集」の閲覧について

論文等タイトル、執筆者名、掲載号数、発行年月の検索および論文等の閲覧ができます。


第199号(2017年6月)以降の論文等および利用権の許諾をいただけなかった論文等は閲覧できません。

第203号(2018年6月発行)の論文タイトルと執筆者

講演

  1. 「技術革新が金融・産業構造に与える影響」
    東京大学教授 柳川範之氏

論文

  1. 「傷害保険における事故概念の本質―「外来」と「偶然」の関係―」
    早稲田大学教授 大塚英明氏
  2. 「判例からみた質問(告知)事項の考察」
    首都大学東京非常勤講師 長谷川仁彦氏
  3. 「入院給付金支払事由該当性判断における医師の判断の位置付け」
    帝京大学講師 松田真治氏

研究ノート

  1. 「生命保険需要へ影響する諸要因」
    上智大学 石井昌宏ゼミナール 森崎豪義氏、上智大学 石井昌宏ゼミナール 林陸氏、
    上智大学 石井昌宏ゼミナール 樋田紗世氏、上智大学 石井昌宏ゼミナール 武井華乃氏、
    上智大学 石井昌宏ゼミナール 平岡奈甫氏、上智大学 石井昌宏ゼミナール 須江美佑希氏

A5判/154ページ

第202号(2018年3月発行)の論文タイトルと執筆者

論文

  1. 「外国居住者を保険契約者兼被保険者とする生命保険契約への当該外国の海外直接付保規制の適用可否」
    京都産業大学教授 吉澤卓哉氏
    名古屋大学教授 横溝大氏
  2. 「モンゴル保険市場の現状と課題」
    武蔵大学院生 ツェレンダグワ ツァツラル氏
    武蔵大学教授 茶野努氏
  3. 「成人した子への仕送り・資金援助の分析」
    同志社大学准教授 佐々木一郎氏
  4. 「生産年齢人口減少社会における家族の個人化と生命保険市場の課題―消費者のライフイベントの多様化とライフコース戦略の導入―」
    千葉商科大学准教授 仁平京子氏
  5. 「保険販売における2つのコンバージェンス:IDDと保険業法改正」
    東北大学准教授 得津晶氏
  6. 「保険業法適用除外要件の行政判断について―平成22年改正法以降の検証―」
    中央大学兼任講師 河本淳孝氏
  7. 「生命保険会社の広告宣伝活動に関する研究―戦前の業界紙保険銀行時報を中心に―」
    明治学院大学非常勤講師 姜英英氏
  8. 「消費者契約法専門調査会報告書(平成29年)と生命保険会社への影響」
    明治安田生命 濱田築氏

A5判/230ページ

第201号(2017年12月発行)の論文タイトルと執筆者

論文

  1. 「保険法における「保険契約」(保険法2条1号)の意義と解釈―再論―」
    立命館大学教授 村田敏一氏
  2. 「性別保険料率に対する規制の一諸相─ アメリカ法における議論を参考として ─」
    新潟大学教授 梅津昭彦氏
  3. 「老齢保障システムにおける公的・私的年金ポートフォリオ選択に関する考察」
    京都産業大学教授 諏澤吉彦氏
  4. 「年金リテラシーと金融クイズ」
    同志社大学准教授 佐々木一郎氏
  5. 「生命保険会社の海外事業展開とその課題〜M&Aの財務リスクの視点から〜」
    静岡県立大学准教授 上野雄史氏
  6. イギリスにおけるPayment Protection Insuranceのmis-sellingによる被害の実態と規制の遷移―手数料開示義務に焦点を当てて―」
    愛知大学准教授 上杉めぐみ氏
  7. 「改訂された契約前発病不担保条項の検討」
    沖縄国際大学講師 清水太郎氏
  8. 「保険の歴史社会学的考察にむけて―19世紀ドイツにおける発展を事例に―」
    東京大学院生 坂井晃介氏
  9. 「保有契約高と新契約高のアスピレーション・レベルへの未達が資産運用でのリスクテイキングに与える影響―企業行動理論からのアプローチ―」
    早稲田大学院生 佐々木博之氏

A5判/296ページ

第200号(2017年9月発行)の論文タイトルと執筆者

講演

  1. 「Technology, Big Data, and Insurance Industry」
    ワシントン州立大学教授 ジン・ライ氏

論文

  1. 「相互会社法のあり方―資産負債最適配分概念の下における相互会社像をもとに―」
    中央大学教授 宇野典明氏
  2. 「社会レベルでの予防活動に関する一考察」
    同志社女子大学准教授 大倉真人氏
  3. 「生命保険契約における犯罪免責条項の撤廃及び重大事由解除によるその代替」
    北海道大学准教授 三宅新氏

コンメンタール

  1. 「保険業法逐条解説(L)保険業法第310条〜第314条」 関西保険業法研究会
    名古屋大学教授 小林量氏

A5判/180ページ

第199号(2017年6月発行)の論文タイトルと執筆者

論文

  1. 「保険計理にかかる規制の枠組みのあり方について―資産負債最適配分概念の容易な理解を目指して―」
    中央大学教授 宇野典明氏
  2. 「外国居住者を保険契約者兼被保険者とする生命保険契約の準拠法―東京地判平成25年5月31日を素材として―」
    京都産業大学教授 吉澤卓哉氏
  3. 「消費者における「贈り物」(純粋贈与)としての生命保険に関する考察」
    兵庫県立大学准教授 田中隆氏

コンメンタール

  1. 「保険業法逐条解説(L)第309条続き」 関西保険業法研究会
    神戸大学教授 榊素寛氏

研究ノート

  1. 「保険会社の投資行動―経営者のナルシシズムが与える影響―」
    上智大学 石井昌宏ゼミナール 浦底莉沙氏、上智大学 石井昌宏ゼミナール 佐伯菜央氏、上智大学 石井昌宏ゼミナール 塩田朱音氏、上智大学 石井昌宏ゼミナール 藤川綾香氏、上智大学 石井昌宏ゼミナール 森沢悠響氏
  2. 「保険会社の資産運用〜社債が投資ポートフォリオに与える影響の検証〜」
    東京経済大学 柳瀬典由ゼミナール 石嶋洵氏、東京経済大学 柳瀬典由ゼミナール 金城遥氏

A5判/178ページ

金融・保険リテラシー特別号(2017年5月発行)の論文タイトルと執筆者

論文

  1. 「保険市場の質の向上を目指した金融・保険リテラシー研究の起点に―「金融・保険リテラシーと保険市場の質」研究会を終えて―」
    神戸大学教授 家森信善氏
  2. 「わが国の生活者の金融・保険リテラシーと保険加入行動―2016年・生活保障に関する調査をもとに―」
    神戸大学教授 家森信善氏
  3. 「日本の大学生の保険知識の水準と決定要因」
    明治大学准教授 浅井義裕氏
  4. 「中学校における保険教育の実践とその効果」
    岐阜大学教授 大藪千穂氏
  5. 「中国における保険教育の進展と特徴―学校教育を中心に―」
    大阪樟蔭女子大学専任講師 神田恵未氏
  6. 「保険加入者の特性別に見た不足する保険知識と保険教育」
    県立広島大学准教授 村上恵子氏
  7. 「死亡保障ニーズと金融・保険リテラシー」
    東京理科大学准教授 柳瀬典由氏
  8. 「保険市場におけるリテラシーと生活設計意識」
    生命保険文化センター研究員 上原薫氏

A5判/204ページ

第198号(2017年3月発行)の論文タイトルと執筆者

講演

  1. 「長生きリスクと民間保険・年金商品のあり方」
    社会保障審議会会長 西村周三氏

論文

  1. 「保険会社の恒久的施設と所得の帰属-ドイツとの比較-」
    関西大学教授 辻美枝氏
  2. 「ベイズ空間統計モデルを用いた日本における寿命の小地域レベル分析」
    東京大学准教授 ギルモー・スチュアート氏
  3. 「生命保険契約における任意法規の意義:消費者契約法10条と無催告失効条項・免責条項」
    東北大学准教授 得津晶氏
  4. 「医療イノベーションの推進と医療保険財政の健全化に向けた民間医療保険の役割に関するシミュレーションによる経済分析」
    京都大学特定助教 和久津尚彦氏

コンメンタール

  1. 「保険業法逐条解説(ⅩⅩⅩⅩⅨ)保険業法第309条」 関西保険業法研究会
    神戸大学教授 榊素寛氏

A5判/142ページ

第197号(2016年12月発行)の論文タイトルと執筆者

論文

  1. 「生命保険会社の会計と国際会計基準」
    筑波大学教授 弥永真生氏
  2. 「保険企業のグループガバナンスにおける会社法と金融監督法の交錯」
    同志社大学教授 舩津浩司氏
  3. 「少子高齢社会における生命保険市場の戦略的課題―現代若者消費者の価値観と消費マインド―」
    千葉商科大学専任講師 仁平京子氏
  4. 「ラグランジュ未定乗数法を用いた予算制約と期待収益制約が課された最小投資リスクの理論解析」
    一橋大学専任講師 新里隆氏
  5. 「保険法における「重過失」の意義」
    上智大学特別研究員 清水太郎氏
  6. 「保険金の詐欺的請求の規律に関する一考察―米国法を参考にして―」
    東京大学院生 王学士氏

コンメンタール

  1. 「保険業法逐条解説(ⅩⅩⅩⅩⅧ)保険業法第308条の13〜24」 関西保険業法研究会
    立命館大学教授 竹霆せ

A5判/246ページ

ページトップへ